認定こども園 岩槻ひかり
                               

2歳児 手の洗い方を学ぶ

 毎日活動のいろいろな場面で行う手洗い。
「手をきれいにする」大切さをみんなで学び、実践しました。

「きれいに見えても手にはたくさんバイ菌がついているんだよ」
絵本を読み聞かせながら、話をしていきました。
 「バイ菌やだね。」
友達と会話する子供、自分の手を見て顔をしかめる子供。いろいろな姿が見られました。
 洗い方を説明しながら練習をしました。
 「指先、指の間、手の平、
手首〜!!」
保育士の声掛けに合わせながら手を動かしていきました。
 教育・保育参加期間の活動であったため、お父さん・お母さん先生も一緒に行いました。
 わかりやすく目に見えるよう、バイ菌スタンプを押しました。押されたスタンプに大興奮の子供達でしたが、
 「バイ菌やっつける!!」
どの子もやる気満々で、手洗いの順番が来るのを待っていました。
 水で手を濡らしたら、石鹸をつけて練習したようにゴシゴシゴシ。みんな真剣な表情で手を洗っていました。
 手を洗い終わったら、タオル掛けの中から自分のタオルを探して、手を拭きます。
 きれいな手は気持ちがいいね♪
 「見て!見て!きれいになったよ!」
誇らしげに、手の平を見せてくれました。
 これからも正しい手洗いの方法を身につけていきたいと思います。

前のページへ戻る
さいたま市 食育・健康なび