認定こども園 岩槻ひかり
                               

2歳児 わかめおにぎり作り

12月13日に行いました。
普段は、お家の人や調理職員に作ってもらっているので、今回は
「自分で作った物を食べる」活動を選びました。

 身支度、手洗いを済ませ
「おにぎり」の絵本を見ています。少し前から食育活動内容の話をしていたこともあり、絵本を読み終えると、
「早く作ろう!!」と、やる気満々の子供達でした。
 目の前で実際に作りながら手順などの説明をしていきました。みんな真剣に聞いていました。
 「手を丸くしてご飯を挟んでギュッって作っていくんだよ」
全員で実践前に動きの練習をしました。
 ラップを敷き、その上に、ご飯をのせていきました。
その間、膝に手を置き待つ時間が少し長くできるようになりました。
 いざ本番。練習した時のように、手を丸めて優しく握っています。
 「ギュッ!ギュッ!
おいしくなあれ♪」口ずさみながら握る姿がたくさん見られました。
 「見て!見て!できたよ!」
うれしそうに握った おにぎりを見せてくれました。
 おにぎりが完成しました。
全部で80個。
 「すごいね〜!!」
保育士もびっくりするほどの数。

最後まで頑張りました。
 1歳児クラスにもお裾分け。
「はい、どうぞ。」1人2個ずつ配りました。お兄さん、お姉さん達に
もらって嬉しそうな1歳児クラスの子供達です。
 給食にて実食しました。挨拶を済ませると、全員が おにぎりに手を伸ばし、ラップをはがしてパクッ!。
 「おいしい♪」  
 「おかわりある??」
自分で作ったものは特別だったようで、あっという間に完食。
おかわりをしていました。
 

前のページへ戻る
さいたま市 食育・健康なび