認定こども園 岩槻ひかり
                               

レタスをちぎってみよう。食べてみよう。[乳児部2歳児クラス]

 8月12日[水]に実施いたしました。
葉物野菜を知る一環として、レタスを採用しました。
 サラダなどで活用される葉物野菜ですが、現物からは想像できないほどまでに細かくなっています。よって、現物から実際のレタスを知ってもらうことで、身近になってもらいたいと考えました。

 低年齢児のお手伝いでは危ない場面などもあり、遠ざけてしまいがちではあります。
 レタスは、葉物野菜でも特に包丁などの器具を使用せず、手で簡単にちぎれるという特徴があります。
 今回を機に、ご自宅でも お手伝いのレパートリーをさらに増やしていただけたら幸いです。
 レタスの現物を前に、サラダなどの加工前の状況を知ってもらいました。葉が幾重にもなっていること。手でも簡単に調理できること。などなど、わかりやすく目の前で実践し示していきました。
 作業の一幕です。
大きなレタス一枚の葉から、
予め先生がお手本にした大きさまで、道のりは意外と遠いという前印象ではありました。
 普段の活動において、紙などを細かくちぎったりする活動をしているだけあり、集中して作業に取り組んでいました。
 当初、グシャグシャにするかな。という懸念はありましたが、「食べる物」という認識、意識がしっかり働き、衛生的にも気を付けて取り組むことができたと思われます。
 [調理用]ボールに何杯にも分けて作ったうちの一つです。
 ちぎった大きさも均一になっているようで、さすがマスクもここぞとばかりに笑顔となっておりました。
 ボールがいっぱいになったら、給食の職員に引き渡していきます。
 みんなが手伝ったから、今日の給食はさらに一段と手をかけているかもしれないよ!!楽しみだね!!
 実食の様子です。
大好物な から揚げを尻目に、普段なかなか最初に箸がのびない野菜[レタス]に箸がのび、口に頬張っていました。
 自分でやったこと。とりわけ、自分で作った料理ということで、充実、満足感が「実食」という形で得られたのだと思われます。
 食べるという基本的な部分において、目に見える形で「良い結果」につながることは、子供達にとっても、食育活動が大きな自信につながるのだと思いました。
「お兄さん、お姉さんは、よけずにちゃんと食べているかな??」
 
 

前のページへ戻る
さいたま市 食育・健康なび