元荒川をきれいにする会
                             

第76回元荒川きれい作戦 東宮歩道橋近辺

東宮歩道橋の上流下には直線化された元荒川と旧元荒川の合流地点がある。画面左が大きく湾曲した級河川である。右は城北大橋上流からここまで直線化した今の元荒川となっている。
湾曲された級河川と今の本流の間には整備された住宅地が広がっている。この間には大きな遊水地がつくたれ、洪水において備えがある。
昔、川に挟まれた湿地の中州には豊かな砂地が広がっていた。高度成長時代は良質な川砂が取れ、深くほられてしまったのです。
それから沢山のゴミや残土などで埋め立てられ、現在は住宅地となった。遊水地の水を抜いたときは地盤沈下で近辺の住宅は土台にひびが入り、今後も心配である。
遊水地も地盤安定のため、長い時間をかけて整備中である。

12月の清掃は東宮歩道橋の下と決めています。
ここは、久伊豆神社に初参りに通る人が沢山いるので、気持ちよく川の姿を見てほしいからです。
今日は2日前からの雨で水が多くゴミを拾うのに悪戦苦闘でした。
みんなお年寄りなので、足元に気をつけてね!
この竹藪の中にはホームレスの方が住んでいます。家電製品を拾って来て分解していらないものをここに捨てています。
困ったものです。
きれいにしてから、看板を立てようと考えています。この後ろが遊水地です。
川の合流地点には誰かが畑をやっています。
遊水地整備にあたっては、ここをきれいにしていくのだと思います。
ここだけで、こんなにゴミが集まりました。
風の強い日でしたが、お疲れさまでした。
元荒川の整備をしている新和建設の社員の皆様が協力参加してくださっています。
今後は新和建設さんも川の国応援団に入って活動したいと言ってくれています。
頑張りましょう。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター