元荒川をきれいにする会
                             

元荒川の監視巡回活動

1月23日(月)元荒川の監視活動
岩槻区の元荒川は河川敷の不法占拠や不法利用が著しくひどいので監視は欠かせません。
監視したからといってもすぐに違法がなくなるわけでもありませんが、この状況を県に報告して、勧告などしていかないと、ますます環境が悪くなってきます。
素晴らしいところも沢山ありますが、嘆かわしく、悲しい事柄も跡を絶ちません。
今日は心がすがすがしくはありませんでした。
子持ちのよい元荒川にするため、日々、頑張ります。
ここは長年、野焼きをやっているところです。

岩槻橋左岸橋のたもとに電気製品や家具などを無料で引き取ります。という業者が出現しました。
地域にトラックがマイクで「電化製品を無料で預かります」というのがきます。
住民はリサイクル料を払わないで済むというので、廃品業者に出しますが、それをここに集めて、必要になるものだけ取り出し、後はゴミの山にしてしまいます。
橋のたもとが山になっていくのです。大変です!
旗を立てて商売を始めました。
河川敷は不法利用が沢山出来ています。
嘆かわしい限りです。
すぐに県土に報告をしました。勧告をしてもらいます。
岩槻橋に旗を立てています。
こんなに沢山

一週間でたちまち家電の山、立ち退かなくなります。
南平野の河川敷は開墾して、畑をしています。
葦を抜いて畑に広げていますので、地盤が崩れて歩くことができません。畑に渡りをしつらえています。
下は土が流れてしまっています。
河川敷は畑を作ってはいけません。
畑に柵を結って、誰もが入れる河川敷なのに入れません。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター