元荒川をきれいにする会
                             

サポセンライブ「みんなでコラボ」‘元荒川へ行こうよ‘をやりました。

さいたま市市民活動サポートセンター、ラウンジで、
9月26日(日)のお昼休み時間の一時間
‘元荒川へ行こうよ!‘ のテーマで紙芝居サークル「ゆめの箱」さんと「元荒川をきれいにする会」のコラボが開かれました。
お昼休みの時間帯にもかかわらず、30人余りが集まり、元荒川の四季のよさや、川の遊び、川を大切にしようなどのお話をしました。そして元荒川へ行って元気になってください。いう思いでお話し会をしました。
また、ゆめの箱さんは「ぬまのぬしから」・「つんぶくだるま」・「ゆりかしのうみ」の紙芝居でした。
おたがいに一つのストーリーができコラボした意義がありました。コラボとはこれだと思いました。
これを岩槻の子供たちに見せたいと思いました。

ラウンジには子供さんも聞いてます。
この近くのテーブルには学生さんたちが勉強しています。
そういう方にも聞いて、観てもらえるような、ひきつけるようなイベントになったかしら、、、
展示パネルには「鴻巣から岩槻までのカヌー調査の写真」、「元荒川のさわやかサイクリング・カヌー体験」のポスターを展示しました。
自画自賛ですが結構インパクトがあったと思います。
ゆめのはこさんの紙芝居で、ぬま「のぬしから」のお話です。
これは川の守り神竜のお話です。水を守って豊作を願ったおはなしで、元荒川にも竜伝説があり、モニュメントがあること、今でも川の近くの田んぼには藁で編んだ竜の造形があって驚いたことなどをスライドで観てもらいました。
竜のお話は紙芝居とぴったりでした。
会員の須藤さんは水を汚さないお話(チェックシートを使って)
きれいにしてお水は流しましょう。
説得力のある内容でした。
クイズも3問出して当たった人にはアブラスリングを差し上げました。
カメラがかりは菊池さん、3人のスタッフで頑張りました。
「ゆりかいのうみ」沖縄のきれいな海のお話です。
「ゆがふたぼーり」、「ゆがふたぼーり」
とおとなえするときれいな海になるのです。
でも、現実は言っただけでは出目よ!
きちんとアブラスリングなどで汚れた水を流さないようにしましょう。
カレーは拭いてから洗いましょう。
食べ残しは流さないようにしてね!
ゆめの箱さんと記念撮影
内容豊かな良いコラボでした。

この内容で子供たちに話していきたいです。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター