元荒川をきれいにする会
                             

川から見よう見えない景色  カヌー下り編

6月20日(日)梅雨の晴れ間のカヌー体験です。

本当はカヌー下りですが、参加者の経験を考えて、講習から始めました。
埼玉県水環境課から8艇のカヤックをお借りしてきました。

まず、会員8時集合で、テント設営とカヤックの空気入れから始めました。
国際川口アートムーブ、荒川夢クラブ、越谷ウオータースポーツクラブ、中学生の皆さんが遠くから参加してくれました。
岩槻文化公園の河川敷でカヤックの操縦を長瀞などで経験を積んでいる会員に指導を受けました。
浜名湖で事故があったので気を引き締め、川に乗り出しました。
二人がチームを組んで心を合わせて乗るということは大切なことと勉強になったことでしょう。

元荒川は癒しの空間としてこんな素晴らしい場所がありますよー。

 
   

準備しています。みんなで空気をパンパンに入れています。右左おんなじ空気量にしないと傾いてしまうでしょ。
水の中に入るとゆるくなります。
はい、皆さん、注意を聞いています。
やっと乗り出しました。
はじめはぐるぐる回ったり、うまく思うように進んでくれません。心を合わせ、みんな、進むようになりました。
こうなると川に浮かぶ心地よさが何とも言えません。
私は年だからと言っていた会員は乗ったら、また一人でこいでいました。乗って初めてわかるのです。
さー、上流へ出発です。今日はまだ遠くへはいけません。サギのコロニーがある岩槻橋近辺まで行けるかなー。
上流に行きました。きれいな川を・・・・気持ちがいいです。流れは強くありません。
楽しかったなー・・・・
お弁当を食べて、もっと乗りたいと言ったのですが、もっとというところがいいのです。

カヤックはみんなで洗って、きれいに拭いて、借りてきた時よりもきれいにして返しましょう。
みんなでおかたずけをしました。
ボランティアは楽しくなければいけません。また、子供の参加は絶対大切です。未来があります。空気が違います。
またみんな来てね。と解散しました。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター