元荒川をきれいにする会
                             

元荒川の不法利用などの監視活動

元荒川をきれいにする会は時間を見つけては元荒川両岸を自転車で回っています。
新曲輪橋下河川敷埋め立てを見つけました。

ここは資材置き場を広げるため、埋め立てて資材置き場にしようとしていました。
早速、県土に連絡、
埋め立ててしまったことは困りました。
資材は置かなくなりました。

資材がぎりぎりのところまで置いてありますが、この手前の河川敷は置かなくなりました。
本当は河川敷ですよ。
ここは城址公園前桜土手の河川敷
すっかり埋め立てられています。
2年前、地権者の方が草を取っていました。通りかかったので、ここは何になるのですか?と聞いたところ草が生えてしまうので土を埋めたと言っていました。
県土に埋め立てを連絡。
のちに聞くところ、ドックランのために造成してたようです。ここはこのまま凍結しました。
今は、前と同じく草ぼうぼう・・・
だったら河川敷を前のようにしてほしいです。
今後も見ていきましょう。
サギのコロニーの後ろの林伐採
またこれが大変、事件です。
桜土手の河川敷にある竹藪にコロニーがあります。
監視の途中、シャベルカーが造成してました。
早速、県土に連絡
県土も監視、いきさつを把握して、サギのいる間は伐採を中止したそうです。しかしいなくなってからまた木の伐採をするか心配です。
河川敷の埋め立て、伐採など止まりましたが、野鳥の保護として、野鳥の会なども運動するとよいでしょう。
このバスの不法投棄
河川敷にあることを県土に連絡
 
自転車で回っています。
後日、バスは撤去されました。
産業廃棄物協議会の委員になっていますのでばっちり実行できました。後日またこの河川に軽トラックが放置されていました。いたちごっこですがあきらめづやりましょう。撤去は解決しますが、埋め立てなどは直せません。まだ沢山ありますが、いつも県土も監視活動を一生懸命しています。
私たちも目が行き届く限り微力ですが、続けていきます。
城北大橋上流左岸
産廃業者
土手を占拠しています。河川敷を残土で山になり、、先日、写真を撮って、とらぶってしまいました。ここは難しいところです。
少しでも良い環境になり癒しの空間として故郷の元荒川になりますよう尽くしていこうと思います。
でも、元荒川は素晴らしい景色で憩いの空間は沢山あります。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター