元荒川をきれいにする会
                             

環境学習

岩槻区の城北小学校へ環境学習に行ってきました。12月9日(木)
環境の専門家2人、生態系保護協会の会員1人、元荒川をきれいにする会の私の4人で学習をしてきました。
先生方の熱心さには感心しました。
元荒川の役目、水はどこから来るか?「家庭の蛇口ももう一つの水源です」とお話しました。
おうちで家族と家庭の水の使い方を考えるチェックシートを生徒に配りました。
元荒川は農業用水に使われているので水が増えている時とない時があり、田んぼに水を引く時は増えるのです。と質問にきた生徒にお話ししました。
150人の生徒と2時間の授業でした。
元荒川にハクチョウが来ていることをお話して、「きれいになっていることの証です。」と言いました。

 
   

赤間森に行きました。
赤間森はシラカシ、クヌギ、藪茗荷、万両、たくさんの植物があり、生徒はこれは何の実か?質問攻めにあいました。結構答えられるのですが、私ももっと勉強です。
寒い日でしたが、みんな元気に駆け回っていました。
ここの森は管理しているグループがあるのですが、庭を手入れするようにしているので、地面がむき出しになって土地がやせていくのが嘆かわしいです。林の保護の仕方を考えたいものです。
久伊豆神社に昔からある杜の成り立ちなどをお話して、いろいろな木を見つけてもらいました。
ここには天然記念物の大榊があります。
きりがないほどたくさん勉強することがあります。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター