元荒川をきれいにする会
                             

テレ玉と土手のお掃除と川探検

6月20日(土曜)50回清掃

晴れた土曜の午後県有地に集合して岩槻橋からお大野島の信号地点までの清掃をしました。
テレビ埼玉の社員14名の参加と会員15名が集まりました。いつもこのくらいの参加があると活気がでますねー。
県有地に集まるのはなんかいい感じです。
昔の誰も近寄れない場所が和やかな集まりの地点になったのです。

今回の協働の清掃は埼玉テレビで放映します。埼玉県の環境賞を頂いた団体とのコラボです。
6月29日 ごご4:30頃からカヌーの進水式や清掃風景など放映します。
テレビ取材と放映ははテレ玉さんの環境月間での企画です。
これを見た皆様、見てください。代表も生で出ます。

県有地の岸辺から手作りカヌー「よしのぼり号」の出港です。
テレ玉さんのアナウンサーの方とカメラマンの2人がサギのコロニーを見に行きました。
ここは木がおい茂りいいところです。
道際には思ったよりたくさんあって、みんなテレ玉さんたちは大汗でした。
河川敷よりも少ないですが・・
大きな川に出ていく感じはきっと感激だと思います。
今度のゴゴ玉の番組があるのですが聞きたいです。
作業をして汗だくだくで帰ってきました。
「やってきたぞー」これも楽しいさわやかな気持ちです。
ご苦労様でした。
広い草原でお団子とお茶でミーティング
今日は楽しかった―。
大野島の方面にはペンキの缶が捨てられていてペンキが道路に流れてしまったと言ってました。
こんなものは棄てないでね。

ゴミ拾いを楽しい企画にしていくことはとても大切なことです。
「どんなふうに作業をしたらさわやかな喜びの気持ちになれるかなー」といつも考えています。
道路際のゴミの山です。
河川敷と違ってごみの種類が違います。プラスチックと紙ごみが多く感じました。
いつもの河川敷はこんなもんじゃないんですよ。
粗大ゴミがたくさんあって年寄りにはきつい作業です。自転車、バイク、冷蔵庫、ベッド、金属類が結構あったりして・・。橋の上から捨てる人がいるのです。
今回は参加者も多く、ごみも軽いものばかりでした。
助かりました。皆様、ありがとうございました。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター