元荒川をきれいにする会
                             

活動報告 ‘のうるし‘

私たちは美しい元荒川の環境を取り戻すため清掃活動をしています。
河川敷の不法利用がなくなり、美しいのうるしが咲く河川敷が戻りますように、、、
また、冬この浅瀬には渡り鳥が飛来しています。
夏には、サギ、ゴイサギのコロニーが出来ています。シギ、カモも樹の中に休んでいます。鳥がこんなに多いとは思いませんでした。

岩槻城址公園脇の元荒川土手には樹齢100年以上の桜が並んでいます。この桜の樹を枝の剪定と樹のつっかえ棒をして保存してもらえるようになりました。
2007.12 2008.1二ヶ月間で大清掃
新曲輪橋上流左岸県有地
長年粗大ゴミの山がありなかなか手をつけられませんでしたが、ここからきれいにすれば、近隣の住民の意識が変わるのではないか?と思い立ち上がりました。
県とともに2ヶ月かけて大清掃です。
こんなにきれいになりました。
ここを自然観察区域、監視区域とプロジェクトを立ち上げました。
2008年3月にはフェンスで囲い広々とした気持ちのよい河川区域が出来ました。
この風景は葛のツルの山です。この草もキレイに刈り取りました。
今後、丸太のテーブル、ベンチを置いて憩いの広場が誕生です。
4月の日曜日には近隣の住民の方がバーベキューをしていました。うれしいことです。今は緑のじゅうたんとなっています。
元荒川ウオーク2008
3月30日(日)
桜咲く元荒川河川敷8キロを
歩きました。100人以上の参加者があり、楽しいウオークでした。
河川敷では自然観察(鴨、カイツブリ、ミヤコドリも訪れていました)や、からし菜の野草摘みもしました。
なの花、からし菜、ヨモギ、せり、白花タンポポ、のうるし、満開の桜、からし菜の黄色い土手は心が癒されます。

芋煮会
終着点の大戸末田堰ではお楽しみのうどんの入った豚汁がふるまわれ、舌ずつみを打ちました。河川敷で摘んだからしの和え物が忘れられない味です。
どうぞ、皆様、来年のウオークには参加をお待ちしております。
いわつき城址公園障子掘りの説明 
岩槻城址の説明を埼玉県互彩会の方が説明してくださいました。参加者は熱心に聴いていました。
元荒川ウオークの売りは史跡の案内が沢山あることです。次元の高いウオークです。
コバトンがお出迎え
元荒川河川敷で子供の参加も大喜びです。
豚汁
誰かが薬味を取っています。
とってもおいしい豚汁でした。
このドンブリは、熱を通さないプラスッチック製で山征さんが作ってくれました。‘元荒川をキレイにする会‘と名前を入れてくださいました。
大戸末田須加堰(ウオーク終着点)
元荒川唯一の大切な堰です。利水期には、100メートルの川幅いっぱいの水をためている。3月はまだ、堰を空けていますので河川敷には、釣り人がいっぱいです。
昔、この川は、荒川でした。江戸時代の初めに荒川は、今の川に流れを変えられました。そのため、岩槻を流れている川は「元荒川」と呼ばれるようになりました。
元荒川は、熊谷市佐谷田地内に湧き上がっている所が始まりと言われています。
末田須加堰は江戸時代の初めに築かれたといわれています。その当時は、竹で組んだ堰でした。その後、レンガづくりとな
り、現在はこのような立派な堰になっています。
キタミソウ
元荒川流域にはキタミソウのほかチョウジソウの希少植物が生息しています。大切に保存していきましょう。この花は爪楊枝の頭ほどの大きさだそうです。
のうるし
元荒川緑地の日のあたる河川敷には群生が見られるようになりました。
昔は黄色いじゅうたんのように咲いていました。これも大切にしていきたいです。元荒川ウオークの時期には沢山見られます。
2008.5.19総合学習(城南小5年生)
元荒川緑地の生き物と元荒川の水質検査
NPO環境ネットワークの環境教育アシスタントの方と一緒に
元荒川緑地の希少植物を観察しました。大切に見守りましょうこの地域は沢山の生き物が生息しています。子供たちは目を輝かせて学習していました。

カナヘビ トカゲ(希少生物)アカヘリサシガメ  アシダカグモ(日本で一番大きいクモ) シオカラトンボ アワフキ ヨシノボリ クチボソ おたまじゃくし ナワシロイチゴ ワレモコウ まだまだ沢山生き物がいました。この季節は白いノバラが一面に咲いてよい香りを放っていました。
内緒の場所には希少植物の珍しいチョウジソウが咲いていました。私も始めて見ました。ブルーの可憐な花です。絶対取ってはいけません。
子供たちは、私と一緒に元荒川の水を河川敷から汲んできて、水質検査をしました。PHとPODなど興味深く検査をしました。元荒川の水は中世でした。あまり汚れてはいませんが、もっと生き物が住みやすい川になるとよいですね。これはまだ水の量が少ないのでもう少し川の水を吸い込んで入れて検査しました。真剣な顔をしています。
春から夏の河川敷の憩いの広場にはさくらんぼの木が有り、イモキク、ひまわりが咲き始めました。会員が草刈など管理をしています。
丸太のベンチをおきたいのですが、予算がありません。設置できたらいいなー.....
水のふるさと応援団に参加
5月25日(日)
下久保ダム周辺の清掃活動とダムの見学

埼玉県のバスでダムの管理(堤体見学)や水源の住民の方との交流などに参加しました。
水の大切さを実感しました。
雨のため、清掃活動が出来なくて非常に残念でした。ダムの周りにはやはり山から流れてきたゴミが漂着していました。
ゴミを拾えなくて、やり残してきた感じです。
7月31日 埼玉県の「みどりと川の再生フォーラムイン寄居」に参加
元荒川の再生のため1歩づつですが良くしていきます。 
県知事がお見えになり、荒川のかわせみ河原にて、フォーラムが行われました。埼玉県は川の再生に向けて頑張っていくそうです
元荒川をきれいにする会も活動状況を発表しました。
さいたまのおいしい名物料理のお店も沢山出ました。
熊谷のカキ氷、東松山の焼き鳥、コロッケ、まだまだ埼玉には美味しい名物が沢山あることを知りました。
県の設置許可を得て、そしてベンチの資金も少しですが集まりました。
県有地の河川敷に丸太のテーブルベンチを設置しています。なれない作業ですが、楽しくて気持ちよい汗をかきました。
出来ました。1日がかりで完成です。存在感のあるテーブル・ベンチです。遊びに来てください。そしてここに腰掛けてみてください。
この広場から河川敷がよくなることを願っています。
いろいろなイベントが出来ますよ。
記念撮影
この広場を元荒川の活動拠点にして、清掃、監視、地域住民の意識改革、など環境をよくしていきたいと思います。
8月
小さくて見えませんが、ゴイサギが沢山休んでいます。
元荒川緑地の中の保護区域です。
もっと上流には、サギのコロニーを発見。
県有地広場の水際の夏
シギ、カモ、カイツブリ、昆虫など沢山います。
みどりの広場で9月の例会
秋の青空の下、10月の川きれい大作戦の打ち合わせをしました。お茶で広場の誕生をお祝いしました。
埼玉新聞の取材があり、「ゴミの山をみどりの広場に」という題で掲載されました。9月29日の記事です。
岩槻のコカコーラの工場見学をしました。
プラスチックのボトルのリサイクルの服を見せてもらいました。地域の皆さんもわが町の工場を見学するのもよい勉強になると思います。
今日は工場生産ラインの清掃の日になってしまいました。清掃をしているところです。その日は決まってないのだそうですが、ちょっとコカコーラが見れなかったのが残念でした。
10月26日(日)川きれい大作戦
岩槻文化公園〜元荒川緑地と大野島河川敷の大掃除をしました。
8時ごろから雨が降り始めましたが、どうにかきれいな河川敷が誕生しました。ロータリークラブの方々が参加してくださり感謝です。また文教大学の生徒さんや高校生の参加もあり将来の希望が持てました。
清掃後きれいになった河川敷を眺めながら、お結びを食べました。天気が今市でしたのがちょっと残念でした。天気がよかったらピクニック気分でもっと素敵な半日だったのになー。でもきれいな河川敷を見ると心も晴れやかになりました。
やまぶき祭り
11月9日(日)
いわつき文化公園でいわつき区民の産業祭とボランティア団体などが参加して行われました。
たくさんのお客様が見えました。新潟の村上市などの参加もあり、すごい賑わいでした。
元荒川をきれいにする会はザリガニつり、さかなすくい、昆虫標本展示(元荒川近辺の生き物)など企画したところ、ブース前は、お客様が途絶えることがありませんでした。
お魚は全部売れました。会の運営資金にできることは、企画力がものをいいますね。
小さい子もたくさん捕まえています。
元荒川にはいろいろな生き物が住んでいます。川をきれいにするには、家庭からです。皆さんどうしたらよいか?考えましょう。
11月15日
城北中の生徒さんが新曲輪橋下の清掃作業に参加してくれました。
おじさんばかりでしたのでとても助かりました。
イカリでゴミを引き上げているところです。橋の下はきれいになりました。
校長先生にお礼の手紙を出したところ、また、先生からお電話で、掲示板に展示するそうです。皆さんのお礼に、ボランティア認定証を出しました。
とってもうれしい日でした。
掃除の後はコーヒーを沸かして、ミーティングをしました。
小春日和の日元荒川の監視サイクリング
これは、土手の遊歩道です。
産廃業者が土手をふさいでいます。景観が悪いしひどいです。さいたま市も、県も注意に行ってます。
これも河川敷をふさいでいます。
旭日製作所の駐車場にしています。河川敷を歩いて行くと、侵入禁止。工場の周りをぐるりと回って、また河川敷に戻り歩きました。
蓮田方面、古ヶ場の工業団地方面の元荒川はとても素敵です。
冬の空気の澄んでいるときは富士山も見えます。穏やかな心いやされる場所です。どうぞ皆様、散歩に来てください。
産廃がなければ、もっと素晴らしくなります。私たち、もっと頑張ります。
さいたま市産業廃棄物指導課に報告しました。
事業者を呼び寄せ、勧告と注意をしています。と指導課より電話がありました。後ろの土手には残土の山が見えます。
とても素晴らしい風景です。
サイクリング、ウオーキングにおいでください。
河川敷にはもう、カラシナが出ています。
川の中にも入れます。シジミがいるか観察してみようと思います。
天気の良い日は自転車で監視に回っています。
素晴らしい景色はご褒美です。
12月20日[土曜)大野島河川敷の清掃
通りがかりに川通小学校の生徒さんが手伝ってくれました。ここはその学校の前を流れているので毎日汚れている河川敷を見ていたのでしょう。楽しく大きなタイヤを転がしてくれました。
今月も城北中と岩中の生徒さんが来てくれました。みんなの参加がないと会員だけでは大変です。本当にありがとう。
皆さんにボランティア参加認定書を出しました。学校でも、校長先生よいことをしたことを報告してください。
皆さんありがとう。
埼玉県環境賞受賞
3月25日埼玉県知事公舎にて授賞式が行われました。
会員3人が出席しました。みなさま御苦労さま。
県の川再生事業(21年度)
元荒川大戸末田須賀堰右岸100メートルが選定されました。
昨年、この場所を申請したところ今年の事業に選定され、ヘドロの除去や歩道など整備してもらいます。
対岸には第六天神社があり、まちのにぎわいが生まれることを望みます。そしてもっと景観の美しい岩槻が知れ渡りますように・・・・
カヌーを作りました。4月〜6月
埼玉生協の支援を受け会員が手作りのカヌーを作りました。
 6月7日これは進水式の一こまです。
川からの風景はまた違った感じを受けることでしょう。川を大切にしようの気持ちが増すことでしょう。
バーベキューでお祝いです。
河川敷で食べるのはとても美味しく、楽しい進水式でした。
テレ玉と川探検 6月20日(土曜)
埼玉県の環境賞を頂いた団体とのコラボで埼玉テレビの社員の方と清掃をしました。
その時、川を探検してきました。鷺のコロニーを見に行きました。カメラマンとアナウンサーと会員が乗っています。
テレ玉さんの社員(若い人ばかり)14名と元荒川をきれいにする会【お年寄り】16名で土手の清掃をしました。
県有地でミーティングをしてお疲れ様でした。
このような風景がテレビで放映されました。
みんなの川きれい大作戦2009
やっと川の水がひき河川敷の清掃の季節になりました。
70名以上の参加者があり、月の森の河川敷は見違えるようにきれいになりました。
中学生、ヤクルトさん、ロータリークラブ、三井ネットさん、会員30名近く、ありがとうございました。
いろいろなゴミが集まりました。自転車、タイヤ、ビニールシート、ビン、カン、ペットボトル、いろいろありました。
この山が7か所ありました。
川の中に捨てられている自転車をイカリにひっかけて、釣りあげました。
これは高齢者には大変です。
バイクはあまり重すぎるので次の機会にすることにしました。
でも、水はとてもきれいです。
川再生会議2010、1、23
埼玉県知事より感謝状をいただきました。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター