元荒川をきれいにする会
                             

第85回 元荒川きれい大作戦

2015.11.15(日)
85回目のきれい大作戦は岩槻区不法投棄防止協議会主催との協働で行われました。
この協働は5回目でやっと軌道に乗ってきたと感じました。ノウハウなど細かいところは元荒川をきれいにする会が主導していくことでスムースにはかどっていくようです。
岩槻区の入り口16号バイパスの岩槻大橋下です。
岩槻に入ったとたん、こんな状況では、岩槻の印象がガタ落ちです。
元荒川の会員はここを重点的に清掃しました。
9時に区長のご挨拶があり、参加者はそれぞれ清掃場所に向かいました。

県土には河川敷の木や草を刈り取ってもらい拾いやすいようにしてもらいました。しかしこの様子はすごいです。
担当人数が少なかったので、他の区域の人の応援で作業しました。
10名ぐらい集まりました。
ブルーシートの下には家庭の家具など粗大ごみが隠れていました。
ゴミの山がどんどん大きくなっていきました。
黙々と作業し、きれいになってきました。ここの河川敷は橋の上から車の中から、見える目立つスポットです。
人海戦術でこんなにきれいな河川敷になりました。
ご苦労様です。汚い清掃をすることで参加者はどんなゴミがあり、長年かかってきれいにする大変さがわかるのです。
「きれいにしなくは・・・・!」故郷を大切にする心が育つのです。心もすがすがしくなり、参加者の意識改革です。
マットレス、自転車、プラスチックなどごみの種類は生活のすべてのものがあります。
前日の雨で小雨の中、心配でしたが、約75名の参加者があり、11時半に解散しました。
皆様大変お疲れ様でした。
暮らし応援室の職員の皆様、不法投棄防止協議会の皆様、企業の皆様、まちづくりのコミュニテーのボランティアの皆様故郷の緑が豊かに感じられるようになりました。元荒川は「ありがとう!」言ってます。それが会員の励みです。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター