元荒川をきれいにする会
                             

西原小で環境学習(生き物調査

・2014.8.2夏休み
・さいたま市立西原小学校
・1年生〜4年生
・チャレンジスクールの事業(生き物調査)
・場所:綾瀬川の用水

西原小の児童43名参加
西原小の近くには綾瀬川が流れています。
学校の近くを流れる川があることは、自然を体感するのに恵まれていると思います。
やさしくわかりやすく、綾瀬川の生活とのかかわり、環境問題、川で親しむことの素晴らしさを子供たちに伝えられたらと、思います。
昔は、川でどのように遊んだか?
生活とのかかわりでは水運の話。
きれいなお水を流すようにしましょう。
など、早く、魚取りに行きたい気持ちを抑えて、注意などを話して、綾瀬川に向かいました。




東北道をくぐりぬけると、そこは田んぼが広がっています。
元荒川の会員で魚とりの名人が待っていてくれました。
用水には水が沢山引き込まれていましたので、いましたよ!
ザリガニ、フナ、牛ガエルのオタマジャクシ、クチボソ、タニシ、
大昼顔、クズの花、

バッタ、モンシロチョウ、シオカラトンボ
サギ、カルガモの親子、いろいろ発見して感動でした。
飼育したい子供は持って帰りました。
名人が捕まえてくれた、魚です。
暑い中でしたので、教室に戻り、環境のお話と、どんな川に行ったら、きれいな川に出会えるか?などをお話しなした。
川で遊ぶことを知らないお母さんや子供たちにどこに行けば、「川がき」の体験ができるか?おはなししました。
沢山の子供たちが「川がき」になってもらいたいと思います。
場所やその川にあった、遊び方を教えます。
これを観て、知りたい方はお教えします。体験したことは一生心に残るでしょう。
埼玉県水環境課は「川がき養成」しています。埼玉県は日本で一番川の面積が広い県です。川の事故も多いです。気をつけて川に親しみましょう。

前のページへ戻る
さいたま市市民活動サポートセンター