四谷地区協議会
                           

「内藤とうがらし」浜離宮恩賜庭園に出張♪

◆第29回全国都市緑化フェスティバル(平成24年9月29日〜10月28日開催)浜離宮恩賜庭園開場で「内藤とうがらし」が展示(植栽)されています。
詳しくは http://greeneryfair-tokyo.jp/spot/hamarikyu/post_68.html
◆キラミラネットで四谷地区協議会の「内藤とうがらしプロジェクト」の活動をご覧になったフェア関係者から「内藤とうがらし」の展示協力依頼のご連絡をいただきました。
協議会では早速、四谷ひろば運営協議会のみなさんに大切に育てていただいている株をお渡ししました。
◆庭園では名物「コスモス畑」が秋風に揺られ、会場を彩っていますが、その手前に植栽されている江戸野菜コーナーでは「内藤とうがらし」が真っ赤に色づき、訪れる人の足を止めていました。
◆当プロジェクトは本年、活動3年目を迎えあらためて活動を再検討しました。プロジェクトに対する地域の支持、とうがらしの都会での育成状況の良さを顧みた結果、来年度も四谷地域の町会・商店会・団体・個人主体に1000株の苗を配布することを決定しました。(一部新宿区内の方に配布)
◆来年度の苗の配布は5月を予定しています。詳しいお問い合わせは平成25年4月初旬頃四谷特別出張所内四谷地区協議会事務局(電話03-3354-6171)までお問い合わせください。

 
   

江戸野菜コーナーで、元気に赤く実ってます!
出張先でも「とうがらし看板」を設置。我が町「四谷」のPRをさせていただています。
江戸野菜コーナーでは、「内藤とうがらし」の他、小松菜、ウド等も栽培されていました。その昔江戸時代には、様々な農産物が栽培され、それぞれが名産品として流通していたことが偲べました。

前のページへ戻る
新宿区民活動支援サイト 新宿キラミラネット