四谷地区協議会
                           

四谷の「まち美化」活動『落書き消し』編

当会の課題でもある「まち美化」活動の一環として『落書き消し』に挑戦しました!
◆スプレーペンキで大きく落書きされている光景に胸を痛め「なんとかきれいにしたい・・」という意見から、「四谷530デー」(地域による四谷大通りの一斉清掃活動)の中で実践してみました。
←効果をご覧ください!
◆今後も、地区協議会では、地域に「落書き消し」活動の呼びかけをしていく予定です。

・・「落書き消し」活動お助け情報・・
★よい道具を手に入れれば効果てきめん
新宿区危機管理課には『落書き消去剤』の無償貸し出しがあります。
上手に利用してはいかがでしょうか?
【貸出し対象者】 地域の住民や来街者が、自由に通行することができる道路に面した塀や建物等に書かれた落書きを、建物等の所有者や管理者が自ら落書きを消す場合に貸し出します。
【落書き消去剤の特徴】 スプレー式で、1件につき1〜1.5平方メートル程度の落書きを消去できます。消去可能なものとしては、御影石、大理石、コンクリート、モルタル、磁器タイル、ガラス、金属パネル(シャッター等)に、ラッカースプレー、マジックインク、蛍光ペン、クレヨン、口紅等で書かれた落書きです。
【問合せ】危機管理課危機管理係(本庁舎4階)電話(5273)4592(ダイヤルイン)







道路表示板支柱に油性スプレーで書かれた落書き・・・。残念ながらよくある光景です。
◆今回は、道路上で作業するため、警察署に道路占有許可願いを届けました。
まずは危機管理課にお借りした「落書き除去剤」(スプレー剤)を塗布します。爽やかなオレンジの香りがあたりに漂います。(オレンジの皮の成分で作られているそうです。)
ボロキレなどで、細かく消していきます。ここは根気がいりますが、みるみる消えていきます。
ご覧のようにすっきりときれいになりました!
  !!!ご注意!!!
落書きされた本体が油性塗装の場合は、除去剤が本体の塗装まで溶かしてしまいます。必ずテストしてから作業にとりかかりましょう。ちなみに郵便ポスト本体は油性塗装のためNG!でした。

前のページへ戻る
新宿区民活動支援サイト 新宿キラミラネット