一般社団法人新宿NPOネットワーク協議会
                           

第30回市民とNPOの交流サロン「高齢者を支援し、孤独死を予防するには?」

平成23年2月28日(月)神楽坂通り商店会事務所にて、新宿NPOネットワーク協議会主催「第30回市民とNPOの交流サロン」を開催しました。今回は「NPO法人いきいき里の会」さんを語り手にお迎えして、活動内容をご紹介いただきました。「いきいき里の会」さんは、新宿区内の独居高齢者を対象とした孤独死防止のための事業に取り組み、高齢者及び一般の方々に対して「お笑いと演芸の会」などのイベントを行っています。

いきいき里の会の現在の活動は大きく二つあり、一つが新宿区への協力事業である「ぬくもりだより」の配布です。月2回の発行に沿って、ただ郵便受けに投函するのではなく、相手先の方と会話をしてコミュニケーションをはかりながら、配布しているそうです。親しくなるにつれ、いろいろなお話を伺うことができ、ときには悩み事などの相談をうけることもあるそうです。
もう一つの事業は、四谷地域センターにて、二か月ごとに開催している「お笑いと演芸の会・お楽しみ抽選会」です。お笑いと演芸の会の出し物は、落語、マジックなどバラエティにとんでいて、出演者も現役高校生から三波伸介さん、山崎邦正さんなど著名人まで幅広く出演されています。つい先日行われた会では、牧伸二さんが出演され、ご本人がこの会の趣旨に賛同してくださって、出演を快諾くださったエピソードなども伺いました。
交流サロンでは、出席者の方にも感想や参加動機などをお話いただいております。参加者からのお話からいろいろ話が盛り上がることもしばしばで、今回のサロンでは、安否確認のための新たなツール探しについてや、持病のある高齢者の食事のあり方など参加者を交えてそれぞれの体験、思いなどをお話いただき、会が盛り上がりました。

前のページへ戻る
新宿区民活動支援サイト 新宿キラミラネット