共住懇
共住懇の情報紙 OKUBO
みなさん、こんにちは!
共住懇(きょうじゅうこん)といいます。
 共住懇は、新宿区内を拠点に活動する「多文化共生のまちづくり」を掲げる市民活動団体で、1992年(平成4年)4月に発足しました。地域に根ざしながらも他団体との連携やネットワークを重視する活動を展開しています。

◇ 共住懇の主な活動 (2つの柱)
   「外国人と共に住むまちづくり」を目指す

1)多文化共生社会を推進すること
  ●地域調査 (大久保・百人町を中心として)
  ●外国人生活支援 (相談会、情報提供など)
  ●コミュニティへの参加(交流の機会を提供)
  ●教育、啓発(セミナー、学習ツアーを実施)
  ●出版物を発行   (情報紙、報告書など)

2)地域防災・減災のまちを推進すること


戸塚地区協議会 福祉・生活分科会にも参加して
活動しています。
よろしくお願いします。

詳しい活動は:
http://www.ngy.3web.ne.jp/~kyojukon/

をご参照ください。情報紙「OKUBO(共住懇:編集発行)」が、上記WEBサイトからダウンロード(PDF)し、ご覧いただけるようになりました。
活動報告
災害時の外国人支援
外国人のための無料専門家相談会外国人のための無料専門家相談会
開催日時=2010年3月13日(土) 「東京外国人支援ネットワーク(事務局:東京都国際交流委員会)」は…
しんじゅくアジアの祭2009しんじゅくアジアの祭2009
開催日時=2009年10月24日 外国人区民との交流と防災のイベント「しんじゅくアジアの祭」を開催しました…