ワーカーズコレクティブ風車
DSCN0917日付なし明るい
 2008年10月、不登校・ひきこもりの親の会から「ワーカーズコレクティブ風車」は生まれました。
 働くメンバーは、ひきこもり体験者やハンデのある人とその親たち、そして地域の人たちです。
 若者を社会に出すために訓練するのではなく、病気や障がいも含めてその人のありのままが尊重され、今のままで出来ることを一人一人が持ち寄ることで創っていく、そのような職場を目指し日々活動しています。

 イベントや職場などで大量に捨てられる紙皿や紙コップ、もったいないと感じたことはありませんか?
 紙コップ、紙皿に替えてリユース食器をお使いいただくことによって、焼却ゴミを大幅に削減でき、環境への負荷を大きく減らすことができます。
 また、食器の洗浄も不要ですので、イベント終了後の後片付けが、たいへんラクになります。

 繰り返し洗って使用できるリユース食器をご利用いただくことで、環境保護にも貢献し、若者やハンデのある人の多様な働き方を応援していただくことにもなります。

イベント・お祭り・パーティーなど、あらゆる機会に
リユース食器をどうぞご利用ください!
おしらせ
講演会と相談会「不登校・ひきこもりを捉えなおす」−自分との和解、新しい生き方・働き方を探る−