河原内自然環境保全くらぶ

サンショウウオ産卵場所は50年前の水田地帯

全国の絶滅危惧種に指定されている。サンショウウオの卵嚢が50年前の水田地帯で発見した。現在はイノシシのぬたばになっているが産卵場所として気に入ったらしい。

    卵嚢3月26日発見
竹林など森林環境や小さな小川など手つかずの自然が残っている。
4月13日孵化した約2冂のこどもが12匹。
前のページへ戻る