ホーム > お役立ち情報 > 図書情報 「こうだったのかNPOの広報」

件名 図書情報 「こうだったのかNPOの広報」
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
団体名 こらぼ大森(大田区区民活動支援施設大森)協働支援施設 
活動可能日時  
対象地域  
対象者  
費用負担  
活動内容詳細 こらぼ大森の中村です。

気温が30℃を超える日が出てきました。
5月にクールビズ開始のニュースには驚きましたが、やっと夏らしくなり、クールビズのサラリーマンが自然に見えます。
夏といえばやはり「暑い!」っと連想する方が多いと思います。
こらぼ大森の、こらぼ講座は夏と言わずに常に熱いです!!

講座内容を考える中で、いろいろな資料を読みましたが、
その中でも特に勉強になった本をご紹介させていただきます。

【こうだったのかNPOの広報】 著者:NHK記者 武永勉 氏

『この本は、「伝えたいけど伝わらない」と悩むあなたに効くほんです。
自分たちの活動を広く伝えたい。いっしょに活動する仲間を増やしたい。
でも、うまく言えない、伝わらない‐こう悩んでいませんか?
この本は、そんなあなたに読んでほしい広報の本です。』

本は、上記文章から始まります。

記者経験を生かして 伝わる広報のコツを紹介されており、
NPOの広報だけではなく、いろいろな場面で役に立つ広報のワザが、たくさん含まれています。
どのページを読んでも自分にプラスになる事が書いてあり、何度も読み返し実行したくなる内容です。
一冊は手元に置いておきたくなるのではないでしょうか。

広報は難しい。だからこそやりがいがあると思います。
みなさんも、やりがいのある広報の方法を見つけてみてはいかがでしょうか。


※こらぼ大森情報交流室気任蓮∋毀嘘萋阿鮖呂瓩茲Δ箸垢詈や、活動を活発にしたいと考えているNPO団体の方などをサポートしています。その方たちの参考になるよう、140冊余りの図書と、中間支援組織の発行する雑誌、ならびに企業が毎年発行しているCSR(企業の社会的責任)および環境に関する報告書を所蔵しています。これらの図書の大半は貸し出しを行っていて、雑誌とCSR報告書のみ、情報交流室内で閲覧いただいています。
 NPO関係の図書は、設立に関するハウツーから、組織運営に関するものまで、多岐にわたっています。また、ボランティアに取り組む方へのアドバイスや、コミュニティービジネス、環境、福祉に関係する本などもそろえています。

こらぼ大森情報交流室気遼椶亮擇衒
貸し出し期間は1ヶ月、備え付けの「貸出簿」に必要事項を記入してください。
貸出冊数に制限はありません。 
依頼方法  
関連URL  
問い合わせ先 大田区区民活動支援施設大森「こらぼ大森」
情報交流室機03-5753-6560 
この情報は、「こらぼ大森(大田区区民活動支援施設大森)協働支援施設」により登録されました
情報掲載日:2012/07/13
前の画面へ戻る
▲ページトップ