大田ハイキングクラブ
                             

快晴の雲取山

 2018年5月19日〜20日、東京都最高峰の雲取山2017mに行った。昨年も企画したが、その時は雨で中止。しかし今回は両日とも最高の天気に恵まれ、新緑と満開のツツジ、すばらしい展望を満喫した。  参加者3名

 ※ 左の写真は5/20の夜明け

(タイム)前夜5/18夜は御岳の民宿に宿泊
5/19 御岳5:43=6:00奥多摩駅6:05(バス)6:39鴨沢6:55〜7:45登山口〜11:50七ツ石分岐〜14:30奥多摩小屋〜16:12雲取山頂〜16:55雲取山荘(泊)
5/20 出発6:00〜8:07白岩山〜11:02霧藻ヶ峰(昼食)11:52〜13:45三峰ビジターセンター  

 早朝から出発できるよう、前夜(18日)は青梅線の御嶽駅に近い民宿に宿泊。翌19日、朝一番の電車とバスで鴨沢登山口に6:39着。6:55にスタート。
天気は改正。登山道は初々しい春の気配で、木々の緑と萌黄色の新芽に彩られていた。
だんだん、展望も開けてきた。
ミツバツツジが美しい。
丹波山村により設置された「平将門迷走ルート」なる銅板の昔物語が、次々に10枚現れた。それを読むので足を休めることができ、ついでにこの先の距離もわかるというもの。ただ、全部読んでいると、いつまでも雲取山には着かない。
稜線歩きになった。気持ちのよい道だ。
ほら、あそこに南アルプスが。
カラマツの枝越しに少し霞んだ南アルプスが見えた。
よくブログで紹介される「ダンシングツリー」は元気いっぱいだ。底抜けに青い群青色の空に向かって、伸び伸び泳いでいるようだ。
奥多摩小屋に到着。
雲取山頂までは、もう少し。
16:12山頂に到着。山梨、東京、埼玉の県境にあるここには、各都県がそれぞれ標識を立てている。これは山梨県のもの。
一番立派なのは、やはり東京都のもの。去年は混雑していただろうが、今年は静かなもの。
周囲の山の名を確かめる。
ちょっと遅くなったけれど、16:55雲取山荘に到着。
うれしいことに3人だけで1室が割り振られ、部屋にはまだこたつが入っていた。足を伸ばしたら、いつの間にか寝ていた。
翌朝はさらに快晴。きょうは、白岩山を通り、三峰神社から秩父市に下山する。
秩父側のミツバツツジは、奥多摩側より色が濃い。まだ咲いたばかりなのだろう。心に残る美しさだ。
大きくうねる奥秩父の山並み。この眺めのよさが三峰コースの特徴だ。
間近にシカも出てきた。
三峰ビジターセンターに13:45到着。歩いてきた稜線を振り返る。

前のページへ戻る
大田区区民活動情報サイト オーちゃんネット