大田ハイキングクラブ
                             

周囲360°の大展望 南アルプス・北岳

2017年8月12日(土)〜14日(月) 南アルプスの北岳に登った。天候不順の夏だったが、この時はほとんど雨にも降られず、頂上では周囲360°の大展望に恵まれた。あえて3連休を1日ずらしたおかげか、小屋の込み具合もほどほどで、楽しい山旅となった。稜線上では、ライチョウの親子やオコジョの姿も見られた。  参加者4名。
  
(タイム) 8/12 広河原11:15→14:50白根御池小屋(泊)  8/13 白根御池小屋4:45→5:20二股(朝食)5:55→(道を間違え30分のロス)→9:35八本歯のコル→11:25北岳山荘 12:25→間の岳手前(引き返し)14:25→16:10北岳山荘(泊)  8/14 北岳山荘4:25→6:10北岳山頂(朝食)7:00→肩の小屋7:50→小太郎山分岐8:15→9:55白根御池小屋10:15→12:40広河原

※下の写真は北岳頂上下より肩の小屋を見下ろす。遠方は甲斐駒ケ岳と八ヶ岳

 
   

8/12広河原を11:15出発。天気は曇り。今日は白根御池小屋までの3時間コースだが、急斜面の直登にちょっとバテながら14:50小屋着。途中から、ちょっと雨に降られた。
8/13朝、小屋を周囲が明るくなり始めるのを待って4:45出発。5:20大樺沢に到着。空は晴れ、見上げるバットレスの岩壁はバラ色に輝いている。
ちょっと道を間違え、肩の小屋方面に行ってしまって30分のロス。ふたたび大樺沢の左岸を登っていく。振り返ると鳳凰三山の稜線が高い。
このころまで空は青かったが、しだいにガスが出てきた。
大樺沢を登り切ったところで、ガスに閉ざされてしまった。バットレスからは、霧の中にクライマーの姿が見え、コールする声が聞こえた。
ここから、ハシゴ段の連続となる。
八本歯のコルについて、このあとしばらくは岩場の稜線をたどるが、きれいな花が咲いていた。
こんなガレ場の道だ。
頂上に向かうグループと別れ、北岳山荘につながるトラバース道に入る。出だしは、こんな、ちょっとこわい桟道だった。
そこをすぎるとお花畑となった。霧のなかにたくさんの花々が迎えてくれた。
めざす北岳山荘が見えてきた。
山荘に11:25到着。昼食休憩後、空身で間ノ岳をめざした。標高3190mは奥穂高とならぶ日本第3位だ。しかし、稜線歩きは長く、時間切れ。途中で断念し、引き返した。
戻ってくる途中でライチョウの親子を目撃。ひな5羽と母鳥の計6羽がハイマツの中を歩いていた。
北アルプスではライチョウをよく見かけるが、南アルプスでは初めて見た。
8/14朝。まだ真っ暗な4:25に北岳山荘を出発。途中で夜が明けた。かなたには、昨日行けなかった間ノ岳が稜線を広げていた。
間ノ岳はやや地味な印象があるが、奥保高と並ぶ日本第3位の高峰だ。やっぱり大きく立派な山だ。
目を反対側に転じれば、仙丈岳が大きい。
北岳山頂まで、あともうひと登り。
ついに北岳山頂、日本第2位の3193mに6:10到着。頂上は混雑していた。いま頂上付近で記念撮影しているのは、フィリピン人の団体だった。上空に雲はあるが、周囲には360°の大展望が広がっていた。
我々も記念撮影。
これが北岳山頂の三角点。一等三角点かと思ったら、三等三角点だった。
はじめ、ガスがかかっていた富士山も姿を現した。
八本歯のコルを見下ろす。
肩の小山で下り、頂上を振り返る。
鳳凰三山と奥秩父。
仙丈岳をバックに。
草スベリを下る。北岳山頂とバットレスが見えている。

前のページへ戻る
大田区区民活動情報サイト オーちゃんネット