大田ハイキングクラブ
                             

奥入瀬渓流・八甲田山

 2016年10月8日(土)〜10日(月・祝)の3連休に東北・奥入瀬渓流と八甲田山に行った。期待していたが、なんと3日間とも雨。でも、ハイライトの八甲田山の毛無岱(けなしたい)湿原では草紅葉が見事な黄金色に染まって、「雲上の楽園」だった。
           参加者 20名

(タイム)【10/8】新幹線・八戸駅からバスで焼山へ 焼山11:45〜13:35石ヶ戸〜14:30雲井ノ滝 バスで十和田湖へ ホテル十和田荘(泊)【10/9】貸切バスで八甲田ロープウェイ山麓駅へ 山頂駅9:30〜10:15宮様コース分岐〜11:20毛無岱分岐〜12:20下毛無岱〜13:35酸ヶ湯温泉(泊)【10/10】バスとタクシーで三内丸山遺跡経由、新青森駅へ

※左の写真は大岳をバックに上毛無岱にて
 

初日の10/8は奥入瀬渓流の探訪だ。弱い雨のなか、上流に向かって歩く。雨のためか、人も少ない。
車道を歩いたり、遊歩道へ入ったり、水溜りの連続。グチョグチョでなかなか進めないところもしばしばだった。
雲井ノ滝を見学して、あとはバスに乗る。
2日目の10/9。朝のうちは陽もさしていたが、だんだんと灰色の空に。
ロープウェイ頂上駅に着くと、風が強い。全員、防寒用に雨具を着てもらう。すぐポツリポツリと雨が。毛無岱に直接向かう。宮様コースとはいえ、ぬかるみの多い悪路の連続。
天候を考え、大岳はカット。上毛無岱で昼食とする。雨はあがっていた。少し、青空も見えてきた。
大岳をバックに湿原の道を行く。
樹林帯に入ると、木々が紅葉していた。
時々、みぞれ交じりの雨が振っていた。
温泉の匂いがし始めて、まもなく酸ヶ湯に下山。
千人風呂にゆっくりつかり、今宵はごちそうだ。いただきます!
翌朝(10/10)大岳は雪で真っ白。初冠雪だったようだ。

前のページへ戻る
大田区区民活動情報サイト オーちゃんネット