田園調布親和会
                               

田園調布親和会 トリアージ防災訓練

 2016年11月19日(土)
田園調布小体育館で学校避難所防災訓練が行われました。今回は、初めての医療関係者によるトリアージ訓練が中心でした。
 震災で多数のけが人が出た場合、病院内では対応できないため、学校避難所を緊急医療救護所として使用し症状に応じてトリアージしようというものです。親和会など4町会の住民を前に田園調布中央病院の医師看護師、田園調布医師会、薬剤師会など地域医療関係者45人が、町会の救護班と協力し、症状の聞き取り、タグ付け、記録、搬送などの訓練を行いました。
 田園調布親和会からは31人が参加し、けが人になったり救護班になったりして改めて
災害時の緊急医療態勢の訓練の重要性を感じました。

親和会長馬淵本部長が参加者100名を前にあいさつ
田園調布中央病院、医師会、薬剤師会、柔道整復師会45人の医療関係者
田園調布親和会から31人が参加しました

前のページへ戻る
大田区区民活動情報サイト オーちゃんネット