サードエイジサロン
                             

めだかの学校 セラミックの話

めだかの学校「セラミックの話」
講師  本山 昌敏

骨子
➀セラミックにはオールドセラミック(陶磁器やガラス)とファインセラミック(工業用)がある。
原料によって、アルミナ、ジルコニア、ステアタイト等の種類分かれる(下段のPP写真)
セラミックはあらゆる分野に使用されている(航空機、電気・通信、自動車、キッチン用品等)
だ渋な法は。原料→成型→焼成→完成品
 焼成過程で製品は1〜2割縮む
ジ粁舛魯織襯
Ε札薀潺奪の未来:化粧品や装飾品分野に新たな需要が見込める。

以上

セラミックの話のパワーポイント画像
セラミックでできた乾山
セラミックの焼成でここまで縮むと説明しているところ

前のページへ戻る
大田区区民活動情報サイト オーちゃんネット