とん知 プロジェクト
とん知 プロジェクト
◆始めに

 とん知プロジェクトは、震災などの断水時に起こりうるトラブルを減少させる『ワイヤーハンガートイレ』の普及を目指しています。
 また、その作業を通し楽しみながら地域を盛り上げて行きたいと考えています。


◆ワイヤーハンガートイレとは

 断水時に便器に取り付けて使用するタイプの非常用トイレです。便と尿を分けて保存し、屎尿ゴミ処理の負担を家庭でも地域でも軽減できます。当会で手作りした漏斗とワイヤ ーハンガーやペットボトル等、家庭にある物を主として作成します。


◆必要性について

 大田区では断水率78%、復旧には3ヶ月を要する大震災が予想されています。
 トラブルが起きやすい発災時、事前に対策を取っておく事で屎尿ゴミ問題の負担を軽減できます。


◆講習会について

 簡単な作成方法と使用方法の説明を行います。

時間 :約1時間
持参品:ワイヤーハンガー4本
    洗ったペットボトル2本
他材料費:1人300円(約10日分)
講習料:ボランティアで行います。
    参加20名以上で大田区内何処でも参ります。
  (状況により交通費はご負担頂く場合があります)


◆今後の予定

 コロナ関係が落ち着いた後、10月以降に講習会活動の開始を予定しています。
 講習会などについてのご連絡は8月以降にお願い致します。
 防災訓練の一画に参加させて頂くなど、ご検討頂けましたら幸いです。