うのき水辺の楽校協議会
うのき水辺の楽校 多摩川でガサガサ体験
   「多摩川で遊ぼう! 多摩川から学ぼう!」
 うのき水辺の楽校は、大田区鵜の木地区の多摩川沿岸で活動している団体・町会・大田区の関係機関・国交省などの河川管理管理者が連携し、子供たちの自然体験や交流を通して、多摩川のおける良好な水辺環境づくりや自主的・主体的な環境教育を目的として、平成25年8月に設立されました。
 具体的には、生き物調査(ガサガサ体験)、野鳥や植物・昆虫の観察、Eボート(ゴム製カヌー)等の体験活動を、安全面に留意しながら実施しています。
 28年度は、大田区の地域力応援基金助成事業 スタートアップ助成を受けて、事業を進めています。
 4月 嶺町小学校前・丸子橋付近の河川敷で、日本野鳥の会から講師を招き、「春の鳥と草原の観察会」を開催しました。
 5月 川崎の大師河原干潟へ出かけ、「多摩川河口干潟生物調査SCOP100」に参加しました。干潟の泥の中を掘り、生物を採って、種類や数を数えました。
 6月・7月 「ガサガサ体験」 嶺町小学校前で、干潮時にライフジャケットを着て、川に入りました。今年度整備された階段護岸で、川に入りやすくなりました。箱眼鏡で水中の様子を観察したり、川岸の草や川底の石などに隠れている魚・カニ・エビ・水生昆虫などを、タモ網を使って「ガサガサ」し、採集しました。採れた生物の種類の見分け方や、どのような生活をしているかを学びました。漁師さんの投網を見学し、捕まえた魚を観察しました。
 8月 中流域の多摩市の関戸橋近くに行き、「多摩市水辺の楽校」の協力で、流れの違いや動植物の違いなどを観察する予定でした。しかし、台風の接近で川が増水し、残念ながら中止となりました。
 9月 「Eボート体験と昆虫観察」 10人一組で乗れるEボートで、多摩川に漕ぎ出しました。また、待ち時間を利用して、河川敷の草原で秋の昆虫観察をしました。
 10月 「丸子の渡し祭り」に協力し、ミニ水族館と揚げパンの販売をしました。
 今後の活動は11月と2月に野鳥観察会を予定しています。また、子供たちの研究発表の場も応援しています。
 ボランティアスタッフとして、子供たちにバードウォッチングの楽しさを教えてくださる方、一緒に川遊びをしてくださる方を募集しています。
活動報告
うのき水辺の楽校 29年度第2回「大師河原干潟の生き物を観察しよう」うのき水辺の楽校 29年度第2回「大師河原干潟の生き物を観察しよう」
平成29年6月10日(土)、第2回の水辺の楽校は、多摩川の河口から1.5辧∪邵蠡Δ砲△訛膸娉聾挟崖磴嚢圓錣譟
うのき水辺の楽校 29年度第1回 「多摩川 春の野鳥観察」うのき水辺の楽校 29年度第1回 「多摩川 春の野鳥観察」
平成29年4月29日第1回春の野鳥観察 新緑の多摩川台公園と、晴天の丸子橋近くで、春の野鳥を中心に、自然…
うのき水辺の楽校 28年11月26日 「多摩川で渡り鳥に会おう!」うのき水辺の楽校 28年11月26日 「多摩川で渡り鳥に会おう!」
第7回うのき水辺の楽校「多摩川で渡り鳥に会おう!」平成28年11月26日(土) 今回の野鳥観察講師は、日本…
2016.10.30 「第三回丸子の渡し祭り」に協力しました。2016.10.30 「第三回丸子の渡し祭り」に協力しました。
多摩川を渡る風が肌寒く感じる一日でした。10月30日(日)、「第三回丸子の渡し祭り」は、丸子の渡し復活協…
Eボート体験と昆虫探しEボート体験と昆虫探し
今年6回目のうのき水辺の楽校は、9月24日、嶺町小学校前の多摩川で、初めての「Eボート体験と昆虫探し」…
新着情報
うのき水辺の楽校 「多摩川で渡り鳥に出会おう!」
うのき水辺の楽校 「丸子の渡し祭り」は中止となりました。