特定非営利活動法人都会で炭焼きプロジェクト
大田区にも豊かな自然がある 炭焼きもできる!
剪定枝をあつめて都会で炭焼き
都市にも自然循環の仕組みができる

いま、公園管理や家庭の庭木の手入れで生じた剪定枝は、ゴミとしてそのまま清掃工場に運び燃やしています、それも有料で。もったいない! 剪定枝も立派な緑の資産です。都会のなかの貴重な自然が生み出す緑を、大切な資源としてもっと活用しましょう。「都会で炭焼きプロジェクト」は、チップ化した剪定枝廃材を材料に炭を製造し、これを土壌改良材として土に戻す自然循環のサイクルを、都会のなかに構築しようとする活動です。炭は、土壌を活性化し、豊かな緑を育てる力があります。また、乾燥や脱臭の効果を日常の暮らしのなかで活かすこともできます。身近な緑から作られる「炭」と友達になってください!

NPO法人都会で炭焼きプロジェクトの活動目標

*公園からでる剪定廃材を使って炭を生産します
*このために煙の少ない炭製造装置を開発します
*炭は土壌改良のためもう一度土に戻します
*炭は障がい者就労支援施設の皆さんが作ります
*炭つくりを通じて私たちの身近な場所にも豊か
 な自然があることをひろく伝えていきます

煙を出さない炭つくりの実現をめざして

簡易減煙式炭製造装置(改良型)の実用稼働の
様子を映像にまとめましたのでご覧ください
https://www.youtube.com/watch?v=DWxTDCNasJQ&feature=youtu.be


活動報告
大田区産の炭を作っています大田区産の炭を作っています
大田福祉工場の樹木剪定ででた廃木材を使って通所者のみなさんが炭を作っています。この写真は煙の発生を…
ビオトープの水質浄化実験に取り組んでいますビオトープの水質浄化実験に取り組んでいます
東糀谷防災公園のビオトープ池で炭を使った水質浄化の実験を行っています。炭は水質浄化や脱臭、湿度調節…