岡崎市少年少女発明クラブ
                           

令和元年12月15日の活動報告

<12月15日の月例会>

日 時 12月15日 13:00〜
場 所 六名会館2階クラブハウス
参加クラブ員 35名
見学者     9名
指導員 森田、堀井、原、田中、
    加田、伊藤、稲吉、山本
テーマ ・超小型太陽光発電システム
     と私の家、私のまち
    ・チャレンジタイム
     後半30分 
内容
.イズを交えた太陽光発電システム
 の説明。今回は暗くなると光るシス
 テムの製作
∪什郤蟒腓寮睫
はんだ付け作業の注意点確認
だ什遏 ι品配置
    ・はんだ付け+動作確認
    ・私の家づくり
    ・家を並べて「まち」創り

写真上:安全に注意しながら、丁寧な
    はんだ付け作業
写真中:「私の家、私のまち」完成
写真下:教室の電気を消すと、ほんの
    り光を発するそれぞれの家

  

<写真上>クイズに答えながら、実用化されている発電システムの概要を学んでいる。
<写真中>やけどの危険を予知しながら、作業前の指差し呼称を企業でやるようにやってみた。初体験なのでにこやかだ。
<写真下>いよいよ製作開始。説明書を読み返しては黙々と活動を進める子供たち。
<写真上>工作用紙に銅テープを貼った基板に部品を配置する。先生から「合格」をもらえると、にこっと笑顔になる。
<写真中、下>小さな部品を基板にはんだで止めていく。隣の友達との距離も意識して製作が進む。危険予知を意識している。さすがだ。 
<写真上、中>私の家づくりが始まった。プラコップやケースなどの既製品を使わずに、ダンボールや工作用紙などの素材で、1から作り上げていく子供たちにびっくりした。個性あふれる、まさに「私の家」だ。
<写真下>完成した「私の家」を持ち寄って、「私のまち」を創っていく。どこに置くかを何度も検討していた。子供たちのこだわりのすごさを感じた。

前のページへ戻る
おかざき市民活動情報ひろば