自然観察の里を守る会
自然観察の里の5月の写真です
 自然観察の里を守る会は里地・里山のメダカやカエルやトンボなどの水辺の動植物の生息環境を守る活動をしています

 活動場所は岡崎市中央総合公園内の自然観察の里に隣接する民有地の旧水田部約2haです
 地主さんの了解のもとで山あいの荒れてしまった旧水田部に茂っているアシや竹などの立木や背たけの高い草などを伐採して明るい浅瀬の水辺を再生しています

 活動日は毎週土曜日の朝9時から12時まで、または、お弁当を食べて午後2時ころまで作業をしています

 また、整備活動とは別に6月中旬にはホタル観賞会、夏休みの7月下旬には親子昆虫教室、8月上旬には親子ポンツク大会(魚つかみ)を開催し、自然観察の里を子供たちの自然体験の場として活用しています






おしらせ
自然観察の里を守る会 活動紹介自然観察の里を守る会 活動紹介
別添資料の位置図・活動エリヤで泥上げや草刈りや水回し作業をしています バーベキュー広場に車を止めて…