特定非営利活動法人 おかざき農遊会
特定非営利活動法人 おかざき農遊会

◇◇特定非営利活動法人しての出発にあたり◇◇

 「衣食足りて礼節を知る」という諺があります。
最近では「金があれば何でも叶う」と思い金儲けの努力が強すぎるのではないかと思います。物質的な贅沢は際限が無いわけで、精神的な豊かさを尺度にすれば、自分が食べる物を自分で栽培する生活、いわゆる自給自足の生活は、私たちにとって最高の贅沢ではないでしょうか。
さて、食べ物を生産する農業を見たときに、あまりにも脆弱で、多くの食料を外国から輸入しているのが現状です。一方、農地といえば耕作放棄地が沢山あり、今後も増加する傾向にあります。この耕作放棄地は荒廃し、ゴミのポイ捨ての場所となっています。
荒地をなくする活動として、「荒地は人の心を荒廃させる」をスローガンとして農業面から立ち向かい、汗をながすのが、NPO法人「おかざき農遊会」であると考えています。荒地が管理された農地として存在する、美しく、豊かな地域社会にしたいものです。
そのために、気張らず、あせらず、汗を流しましょう。
                                理事長 石田 治夫
おしらせ
◇◇会報特集!第4回市民野菜体験農園 サツマイモ栽培体験 (収穫祭)◇◇◇◇会報特集!第4回市民野菜体験農園 サツマイモ栽培体験 (収穫祭)◇◇
<第4回市民野菜体験農園サツマイモ栽培体験草取りとかかし作り> サツマイモ栽培体験開始は雨で一週間…
◇◇会報特集!第4回市民野菜体験農園 サツマイモ栽培体験 (草取りとかかし作り)◇◇◇◇会報特集!第4回市民野菜体験農園 サツマイモ栽培体験 (草取りとかかし作り)◇◇
<第4回市民野菜体験農園サツマイモ栽培体験草取りとかかし作り> 6月29日(日)に坂左右圃場にてサツマ…
会報 「平成26年秋号 Vol.29 Web版」会報 「平成26年秋号 Vol.29 Web版」
好天が続き、野菜たちが水不足で悲鳴を上げていると思ったら、次には長雨、大雨、その後また水不足が生…
会報 「平成26年夏号 Vol.28 Web版」会報 「平成26年夏号 Vol.28 Web版」
最近の世界の国々はことわざで言うと「無理が通れば道理引っ込む」の施策が目に付く、ロシア、中国、は…
◇◇会報特集!第4回市民野菜体験農園 サツマイモ栽培体験 (苗植え付け)◇◇◇◇会報特集!第4回市民野菜体験農園 サツマイモ栽培体験 (苗植え付け)◇◇
<第4回市民野菜体験農園サツマイモ栽培体験苗植え付け> 第4回サツマイモ栽培体験村の開村式が開催さ…
◇◇会報特集!第2回市民野菜体験農園 ジャガイモ栽培体験 (収穫祭)◇◇◇◇会報特集!第2回市民野菜体験農園 ジャガイモ栽培体験 (収穫祭)◇◇
<第2回市民野菜体験農園ジャガイモ栽培体験収穫祭> 3月9日に種イモを植え付けてちょうど3か月。6…
◇◇会報特集!第2回市民野菜体験農園 ジャガイモ栽培体験(芽欠き))◇◇◇◇会報特集!第2回市民野菜体験農園 ジャガイモ栽培体験(芽欠き))◇◇
<第2回市民野菜体験農園ジャガイモ栽培体験(芽欠き)> 4月27日(日)午前9時より「ジャガイモ栽…
会報 「平成26年春号 Vol.27 Web版」会報 「平成26年春号 Vol.27 Web版」
春分の日の料理と言えば精進料理と言われていますが「美食を戒め粗食であれ」との教えだそうです。おか…
◇◇会報特集!jジャガイモ栽培体験編(植え付け)◇◇◇◇会報特集!jジャガイモ栽培体験編(植え付け)◇◇
<第2回市民野菜体験農園ジャガイモ栽培体験(植え付け)> おかざき農遊会では昨年に引き続き「第2回…
会報 「平成25年冬号 Vol.26 Web版」会報 「平成25年冬号 Vol.26 Web版」
私たちの隣国北朝鮮では国を治めるためにトップ2なる人を処刑して、国民が1人の人を崇拝するような政…