ファミリーコンサートin玉造実行委員会
                               

”ファミリーコンサートin玉造”はこんな音楽会です

市民手作りのクラシック音楽会

定員60人の会議室がコンサート会場です。
そこに120脚の椅子をぎゅうぎゅうに並べ、あいたスペースが舞台になります。
公民館の会議室にグランドピアノがあるのは、全国でここだけかも。
それが20年の歴史を物語っています。
公民館の窓の外は公園と美しい住宅街の風景。カーテンを開けて、その景色をバックに演奏会です。
まるで、町の中で野外コンサートをしているような気分になります。

コンサートが開催される玉造公民館
あいたスペースが舞台
客席はギッシリと詰まっている
.


演奏会のあとは
レセプション


演奏会のあと、出演者と観客がクッキーパーティーで交流します。
手作りのケーキとクッキー
パーティー準備中
楽しい会話で出演者とうちとける
.


国際的ピアニスト
富田紀子親子演奏会


2005年3月、ヨーロッパで活躍している著名なピアニスト、ヘーシュ・富田紀子さん親子が出演してくださいました。
富田さんはベルリン・フィルハーモニー第一バイオリン奏者のヘーシュさんと結婚され、その長男ヘーシュ・フィリックス・絢登さん(13歳)はバイオリンで、二男貴彦さん(9歳)はチェロで、二人ともドイツの権威ある賞をとり、ドイツでは演奏活動を活発にされています。
富田さんは「そろそろ子供たちの演奏活動を国際的に広めて行きたい」と思い、日本に入国した成田空港の近くで行われる”ファミリーコンサートin玉造”を二人の国際演奏活動の出発点に選んでくださいました。
このことで私たちは、成田は「日本で最初の演奏会」をするのにふさわしいところだと気づかされました。
富田紀子(ホームページより)
ヘーシュ兄弟の記事(地域新聞)
.


出演者紹介

今までに出演してくださった皆さまのうち、ごく一部をご紹介します。
最多出場者の”成田フィルハーモニー管弦楽団”は、私たちのコンサート会場と同じ玉造公民館を練習拠点にしています。
出場回数が2番目に多い清水奈緒美さんは、「玉造公民館が建設される前にこの近所に住んでいた」縁で、今は千葉にお住まいですが何度も出場をお願いしました。
3番目のコーラスグループ”コール La・La・La”は、やはり玉造公民館で練習していますが、テレビコマーシャルへの出演経験もあります。

出演者の選定基準は、「交通費程度の出演料で来てくれるプロの奏者か、アマチュアの音楽を指導する先生で、質が高く、観客が喜んでくれる人」です。
成田フィルハーモニー管弦楽団
清水奈緒美さん
コール La・La・La
.


コンサートを支える人たち

このコンサートを支えているのは、1番に開催を楽しみにしてくださる観客の皆さまです。それから、公民館を利用する人たち。公民館の職員の皆さま。そして私たち実行委員です。
成田市長の小泉さんは、市長に就任される前は実行委員会のメンバーだったこともあり、何かと影で私たちを支えてくださいます。
皆さま、ほんとうにありがとうございます。
玉造公民館20周年まつり
資金集めのバザー(1990)
成田市長の小泉さんも元実行委員
実行委員(一部)

前のページへ戻る
成田市まなび&ボランティアサイト