政策室

〈8月処暑(花「りんどう」)〉

 あのころ、こどもの頃、近くの山でよく遊んだな〜!
 そこに咲いている青紫の花、可憐でどこか儚い美しさに摘んではいけないような思いに駆られ、そっと触るだけにしたものです。
 花の名前が‘りんどう’と知ったのは随分大きくなってからのように思います。
 今も‘りんどう’の花を見ると、あのころが蘇ってきます。

川崎市麻生区高石
江口 マミ子さん
前のページへ戻る