地域活性課

私が生まれ育った東北の地でも

3月の啓蟄が過ぎた頃には

春の訪れが感じられるようになります。


遊び場の土手や畦道には

蕗のとうが芽を出し

友達と競い合って摘んだものでした。


冬の間も

子ども達は逞しく雪を楽しんでいたのですが、

今にして思えば

外の作業が制限される大人たちは

どんなにか春が待ち遠しかったことでしょう。



狛江市岩戸南
中川 瑞子さん
前のページへ戻る