地域活性課

まるで南国並みの猛暑を耐えぬいた七月八月。

まだ暑さの残る中にも暦をめくる。

九月の声を聞くとほっと一息の気分になる。

ましてや白露の響きには透明な清涼感が漂う。

池に浮かぶ水蓮の葉上に丸く光る露。

細い草の葉先にも。

露の儚さのこの一瞬の時間(とき)に巡りあえた幸せを胸に描く。

「白露も こぼさぬ萩の うねりかな」 芭蕉


世田谷区太子堂
森 久子さん
前のページへ戻る