倉敷市スポーツ推進委員協議会

H29年度 市民あるく日【倉敷地区】

「市民あるく日」

日時 :平成29年9月10日(日)8:30出発
参加者:132名(内新規24名)
事業団:4名
スポーツ推進委員:12名
水島地区…2名(早崎弘文、三宅 香)
倉敷地区…10名(吉國修平、畝木富子、小野孝夫,中村俊明、斉藤明、河本龍成,草野泰秀、平松いづみ、大塚眞、渡辺泰治)

コース:倉敷市役所→帯江小学校→日間山法輪寺→芸文館→倉敷市役所

 少し過ごしやすくなった朝晩。絶好のウォーキング日和。市役所が発着点という初めての試み。個人的には賛成で、参加者も通常月より多かったと感じました。
     報告者:倉敷地区 小野孝夫

集合場所への誘導に、市役所敷地内の各ポイントに10人の推進委員が立ちました。河本さんは背が高いのでよく目立ちました。ちなみに市役所の高さは68.8メートル。
藤棚の下でコースリーダーさんのあいさつ。今日のコースの見どころ、頭を打つ危険個所等丁寧に教えてくれました。
まずは推進委員によるラジオ体操、終わると少し健康になったような気がします。
倉敷川沿いに土手を下ります。きれいに整備されていて爽快でした。イネも穂が出ていて、1か月もすると稲刈りとなります。
休憩場所の帯江小学校。補強の鉄骨が見えますが、市内の小学校の耐震工事はほぼ終わったと聞いています。出発にあわせて推進委員さん準備OK!
法輪寺で休憩です。奥にクロガネモチの大木が見えます。また、源平の藤戸合戦の時には源平本陣となったそうです。
山越えをし市街地へ。正面に倉敷市民会館。建物は鶴が羽を広げたイメージだそうです。1979人収容。
美観地区(伝統的建造物群保存地区)前神橋。龍がデザインされています。
芸文館。中ホールとしてプロからアマチュア、各種公演等に利活用されています。885人収容。
芸文館敷地にある「大山名人記念館」倉敷出身、棋士大山康晴十五世名人の愛用品が多くあります。
ゴール!
途中ハプニングがありましたが、事業団の方の素早い対応で、無事全員帰ってきました。個人的な意見ではありますが、倉敷市役所の発着は有りかと思います。
前のページへ戻る