• 春日部市市民活動センター ぽぽら春日部
  • このサイトについて
  • よくあるご質問
  • アクセス・交通
  • 登録団体の方はこちら
ホーム > 団体プロフィール > G−CANS

団体名 G−CANS
団体キャッチコピー 庄和の地に日本一と世界一あり。 春、天空に舞う「大凧あげまつり」。 秋、地底の竜神に感謝「彩龍の川まつり」。 
画像
(画像をクリックすると拡大します)

代表者
氏名 錦織 晴雄 

連絡先
氏名 坂本 典子 
郵便番号 344-0115 
住所 春日部市米島820−107 
電話番号 048-746−1462 
FAX番号 048-746−1462 
E-mail saka2323@amber.plala.or.jp 

基本情報
ホームページURL https://
活動開始年月 平成13年4月
活動日時 役員会:第2月曜日、部会は適宜
主な活動場所 首都圏外郭放水路・龍Q館・正風館
会員数 個人会員 48名 ・ 団体会員(8 団体)
会員の年齢層 30代〜80代
入会金
会費 個人会員1,000円/年 賛助会員 2,000円/年 団体会員2,000円/年 
活動内容等 ・首都圏外郭放水路・庄和排水機場を水辺の丘と称し、外郭放水路が地域の新たな文化と人々の交流の場となるよう、また、地下施設等の存在を活かし、地域の振興に資することを目的として発足したのが「水辺の丘運営協議会」でメンバーは、国土交通省江戸川河川事務所・春日部市(旧庄和町)・市民(市民団体G-CANS)の三者で構成されています。
・G-CANSは計画段階から共に情報を共有し検討を進め、施設全体が地域の新たな文化と人々の交流の場となるよう、その効果的な運営方法を摸索・提言してきました。
・G-CANSは埼玉県東部中川流域の抜本的な治水対策として建設された外郭放水路というたぐい稀な地下施設の存在感を活かした地域振興の在り方を模索し、実際の運営に積極的な市民参加をしています。
・H18年度には、(財)国際生態学センター所長宮脇昭博士の指導の下で、水辺の丘斜面に市民2700人の手で27300本の植樹を行い、自然の森「生物多様性を培う森」の創生を目指して育樹活動を行っています。また、森の育成推移を見るモニタリング調査と共に年数回自然観察会の開催等も行っています。
・H24年8月には「関東・水と緑のネットワーク拠点百選」に認定されました。
・毎年土木の日に行われてきた地上のイベントを、H20年度から新たに市民全体の「彩龍の川まつり」のネーミングで、地域振興の一環として開催しています。
 
市民へのアピール ・首都圏外郭放水路・庄和排水機場周辺をみずべの丘(地底空間・龍Q館・多目的広場・親水護岸・サイクリングロード・江戸川等)と称し、ここが新たな文化と人々の交流の場となるよう、また、これらの地域資源を活かして地域振興を図ることがG−CANSの目的であり、私たち市民のアイデアと実行力ある提言で、どんなことでも出来る“CANS”無限の夢が広がる、市民みんなの活動場所です。
・庄和排水機場地下の調圧水槽は、「地下神殿」の名で次第に知られるようになってきました。
・春の「大凧あげまつり」が“天のまつり”なら、秋の「彩龍の川まつり」は“地のまつり”日本一と世界一の“天と地のまつり”で地域振興を図りたい。
・龍Q館・多目的広場は春日部市に管理運営が託されており、それぞれにさまざまな活動が期待されるところです。
・こんな夢の実現に、多種多様な市民・市民団体の参加とコラボレートを切望します、
※団体会員8団体あります。
 
この情報は、「G−CANS」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ