認定NPO法人日本セラピューティック・ケア協会埼玉支部

認知症対応型デイサービスにてボランティア

10月8日(火)吉川市にあります認知症対応型デイサービス「ふくしあの家」の依頼により、春日部からボランティア活動に行きました。12名ほどの利用者さまほぼ全員に受けていただきました。「セラピューティックケア」と言っても聞きなれない名前に何をするのかしら・・・?と

写真のネック&ショルダーケアは肩や背中を両の手でなでて心と体を温めます。受けている間に何となく体がポカポカしてきてウトウト瞼が重たくなって来たり・・

写真にはありませんがハンド&アームケアを受けている方は、お若い頃の思い出話を楽しそうに話してくださいました。
このケアは向かい合って笑顔でアイコンタクトをとりながら腕と手を優しくケアします。
人に身体を触れられるのが苦手な方も、セラピューティックケアは安心した様子で受けて下さり、施設の職員様も驚いていました。
「また、ぜひ来てください!」とうれしい言葉を頂き私たちも癒されて帰ってきました。
前のページへ戻る