認定NPO法人日本セラピューティック・ケア協会埼玉支部

H29年度埼玉支部交流会

年度最後の定例会。3月15日、今年は初の講師を招いての学習会を午前中に行いました。
午後は、2部に分かれてボランティア活動とスキルアップをしました。
なんと講師の荒木さんもスキルアップを受けて帰って頂きました。
10年近く活動しているベテラン組に記念のバラも頂きました。感謝。

まずは、体の歪みをチェック。
う〜ん、こっちの位置が高いですねー。
鍼灸師で東洋医学に基づいた体の治療を行っていらっしゃる講師の言葉に、みんな興味深々・・・。
セラピューティック・ケアを受けた後、なんと体の歪みがなくなって、腰の高さが同じになっていました!!
力を加えずに、自己治癒力を高め、体の調子を整えることがベスト。まさにセラピューティック・ケアはその考え方にマッチして構成されている確かなスキルであるとのお話に感心しつつ活動への自信と意欲の喚起に繋がりました。
前のページへ戻る