ふれあい大学24期会

日帰りバス旅行開催

ふれあい24期会
   秋のバス旅行開催
24期会秋の日帰りバス旅行が11月18日(土)行われた。途中雨に少し降られたがまずまずの天気、参加者32名で春日部駅西口をAM;8時10分千葉県成田方面に出発。圏央道幸手IC
から入り、成田航空科学博物館を見学、館内は案内人の説明を受ける。
5階観覧席から飛行機の発着を見学後、成田山新勝寺付近で昼食。新勝寺は自由参拝後、牛久大仏に向かう。大仏様では世界最高と言われる全長120mの大仏胎内エレベーターで登り(自由見学)後、出発地春日部に。皆さんお土産を頂き無事家路に向かう。
今回の旅行は予定時間通り進み終了出来た。これも参加者皆さん、ドライバーの協力のお陰と深く感謝している。
       総務部長 新井 勝男

今年度は初めて日帰りバス旅行を企画。例年の一泊旅行より、参加者は増えた。バスは「武蔵自動車」でナンバープレートは「634」でした。
成田空港近くの「航空科学博物館」を見学。説明員がついてくれ、旅客機の前輪の格納部の説明と車輪のタイヤついて見せてもらった。.
ボーイング747のコクピット模型。
座ってパイロット気分を体験。
屋外展示場に各種の飛行機の展示があったが、今回は雨模様で展望室から眺めただけ。。
昼食後、成田山新勝寺へ。ここは自由散策。大きな新勝寺の総門。
自由散策の前に全員で記念写真。
本堂に入る仁王門。「魚がし」の大提灯は「魚河岸講」の奉納によるもの。
新勝寺の大本堂。節分の豆まきを想像して、参拝。
新勝寺の奥にある、新勝寺公園を散策。色づき始めた紅葉が美しかった。
最後に「牛久大仏」へ。あいにくの雨模様で大仏様は霞んでいた。
全長120mは奈良の大仏(14.98m)が掌に乗り、ニューヨークの自由の女神(像本体33.86m)の3倍の大きさである。
大仏様胎内のエレベーターで3階に上ると約3,400体の胎内仏に囲まれた「蓮華蔵世界」があった。
出口まで歩いて降りる途中にあった幻想的な空間。約77の写経席がある「知恩報徳の世界」。心落ちつく写経空間。
今回旅行の特ダネ。ご参加の7班の竹松弘記さんが、当日ちょうど83歳のお誕生日でした。幹事からささやかなお祝いがありました。
おめでとうございます。撮影場所は航空科学博物館の入り口です。
前のページへ戻る