春日部市ふれあい大学第24期会

秋のハイキング実施

11月29日(火)ハイキングクラブと事業部との共催で「高幡不動と多摩動物公園」へのハイキングを実施。18名の会員(男性7、女性11)が参加した。
 春日部駅に8時集合、スカイツリーライン、JR武蔵野線、中央線、多摩モノレールと乗り継いで、10時 高幡不動駅着。徒歩数分の高幡不動尊に入り、仁王門をバックに全員で記念撮影。その後、集合時間を決めて境内自由散策。丁度、もみじ祭りの最中で色付きは、いまいちだったが、境内には観光客も多く賑わっていた。
 散策時間が終わり仁王門に集合、門前の食事処「開運そば」に移動、「開運招福」の願いをこめて蕎麦で昼食をとり、次の目的地(モノレールで1駅)多摩動物公園に向かう。
 動物公園に到着、入園料支払い後、園内移動の無料シャトルバスに乗車、一番高い場所にあるオーストラリア園に向い、その後、道を歩いて下りながら見学した。広い敷地内で飼育されている動物は約320種類とか、動物をできるだけ自由な姿で展示するために、檻のかわりに濠で仕切り、放養形式で展示、野生で群れをつくる動物はなるべく群れで飼育するようにしているとのことである。
 全部はとても見られなかったが、約2時間の見学を終え、休憩所で一服、予定時間がきたので、帰路に着き、夕方、全員、無事春日部に到着、解散した。




高幡不動は関東三大不動の一つで京都の智積院を総本山とする関東屈指の古刹。自由散策まえにリーダーからレクチャーを受ける。
境内には日野出身の新選組副長土方歳三の銅像もあり、新選組とも縁が深く隊士達の稽古場にもなっていたらしい。
(縦向きの写真だが、登録で横向きになる。ゴメンなさい。)
同寺は安永8年(1779年)、火災により建物の大部分が焼失したが、長年かけて復興、仁王門、不動堂(いづれも重要文化財)も再建、最近では五年の歳月をかけて平安初期の様式を模した美しい五重塔も完成、境内が整った。
多摩動物園では園内移動の無料シャトルバスに乗車、一番高い場所にあるオーストラリア園に向い、その後、道を歩いて下りながら見学することにした。バスを降りてすぐオランウータンを観察。
可愛い仕草に大喜び。
コアラ館でユーカリの木で眠っているコアラ。通路脇で寝そべっているカンガルーを見学。
アフリカ園ではチンパンジーの元気な動き、アフリカ象のサッカーボール大の糞をする様子・豪快なオシッコも見学。
久しぶりに皆、童心に返って楽しい一日でした。
前のページへ戻る