春日部市剣道連盟

春日部市剣道連盟 審判・係員講習会(H26年7月27日)

平成27年7月27日(日曜日)朝8時半〜(於:粕壁小学校体育館)
来る9月15日(月・祝日)に開催されます「市民大会」に向けての「審判・係員の講習会」が、当日、審判長をお勤めいただく「河野先生」(教士八段)に講師をお願いして実施されました。
併せて、大西会長の計らいで、今回、春日部市消防本部のご協力を得て、「AED」を使用した、「救命救急講習会」を初めて実施致しました。

以下、両講習会の様子を、写真集でご報告いたします。

「AED」:
自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator)は、心室細動の際に機器が自動的に解析を行い、必要に応じて電気的なショック(除細動)を与え、心臓の働きを戻すことを試みる医療機器。 除細動器の一つだが、動作が自動化されているので、施術者が一般市民でも使用できるよう設計されている。(ウィキペディアより)

 
   

朝8時;給水の準備
試合会場の作成と
会場を提供いただいた、「春日部剣道会」の皆様には、大変お世話になりました
審判講習のため、試合をしてくれる、幼少年の剣士たち
8時半:開講
審判員の講習は、河野先生が担当
座学の後、実際の試合を審判する、実習を行いました
競技係員の講習会;
資料を用意していただき、座学の後、実際の試合で、係員の実習を行いました
講師は、当連盟の副理事長・春日部剣道会の会長でもある、片山先生
試合実施まで、しばしくつろぐ剣士たち
審判実技の講習:問題が発生すると、試合を止め、河野先生からご指導がありました
回を重ねるうちに、だんだん技術も向上したように、見受けられました
当連盟指導顧問の「前田先生」に、実習後に個々の問題点を指摘ご指導いただきました
後半は、「救命救急」の講習会です。
春日部市消防本部から、3名の救命救急士をお迎えして、「心臓マッサージ・AEDの使用法」を学びました
消防本部から、派遣いただいた、3名の専門家のご指導を受けました
短時間の講習でしたが、
/澗.泪奪機璽犬諒法と
■腺釘弔了藩冓法を
丁寧に教えていただきました
3班に分かれて、参加者全員に前記 Ν△亮遜を経験していただきました。
AEDの使用法を説明していただき
実際に、経験をしていただきました
心臓マッサージは、結構大変でした
心臓は胸の真ん中にあります。
胸の左部分ではありません
一分間に100回、心臓の上から押して、心臓に刺激を与えます
前のページへ戻る