春日部市剣道連盟

平成26年度最初の「市民剣道教室・合同稽古会」のご報告(写真集)

平成26年6月8日(日曜日)に、
本年度最初の掲題の会が開催されました。

会場は春日部剣道会(会長:片山剛先生)の活動拠点である「粕壁小学校」の体育館をご用意していただきました。


朝8時前から、解錠・受付の準備・飲み物の準備と、又本会終了後の会場撤収と、父母会の皆様にはご尽力いただき、ありがとうございました
本会の稽古方法等は、主管していただく団体にお任せしております。(各団体の特徴が出て良いと思いますし、他の団体もそれを参考にしていただければと考えております)

今回は、先ず床の雑巾がけから!
全員で準備運動、基本の素振り「大きな声で」指導の先生の檄がとびました
準備運動を終え、開会式
大西会長の開会のご挨拶
最初は、「木刀による剣道基本技稽古法」の講習。
指導は片山先生(春日部剣道会会長・市剣連副理事長)と沢島先生
小学生の列・中学生の列・大人の列と三列で、しっかりした講習・稽古ができました。
次は、剣道実技の講習会、及び稽古会。
真中に、指導の先生方が並び、ご指導いただきました。
切り返し・基本の打ち込み稽古・指導稽古と続き、
その後、ご指導いただいた先生方同士の稽古会。
小中学生の皆さんは、その間見学
市剣連の指導顧問の河野先生:
稽古会の成り行きを見守り、適宜有効なアドヴァイスをいただきました
まだ、防具を着けられない初心者の指導は、沢島先生
チビッ子の指導は、結構大変です。
ご苦労様でした
稽古会の指揮をとっていただいた、片山先生(春日部剣道会会長・市剣連副理事長)
11時:無事、本稽古会終了
閉会後、次週(6/15)実施の昇段審査に備えて特別に、剣道形の講習を行いました。
ご指導は、同じく、片山・沢島の両先生
一本目から七本目まで、しっかり稽古できました。
次週の審査会でのご健闘を祈念いたします。
12時:全ての行事を終了
本会は、原則として偶数月に各団体の持ち回りで実施しております。
4月は、行事が立て込んだため、実施できず、今回が本年度初の会となりました。
次回は、9月15日の市民大会に向けての「審判・係員講習会」を兼ねて実施の予定です。
前のページへ戻る