新六ノ橋町会

大島カヌー散歩倶楽部の活動状況報告

大島カヌー散歩倶楽部は今年の3月に初乗りし、活動開始した旧中川の船番所前を拠点とする新六ノ橋町会役員有志で発足した倶楽部です。 B&G財団の協力を得て基本技術講習会や町会員に呼びかけ「大人のカヌー体験教室」を開催したりして、カヌー普及のため会員が指導者的立場でカヌーを楽しめるよう特訓中です。 地元の旧中川を愛して、日常的に川に親しむ集団で、これからその仲間の輪を広げて行きたいと思っています。 また、災害時には川を利用した災害対策に役立てばと考え練習に汗を流しながら楽しんでいます。

5月にB&G財団の協力でカヌー基本技術向上のための講習会を開催しました。 
テキストを使用しての基本技術と安全確保についての講義を受ける。
元オリンピック選手より直接にカヌーの乗船・下船の基本姿勢やパドルさばきの実施指導を受ける。
陸上での自主トレーニングもお互いに教え合い、カヌー散歩を
安全にできるよう技術の向上を
目指します。
出発前の安全確認も陸上できっちり復習します。
バディシステムを採用し、安全を確認しています。
いろいろなタイプのカヌーを体験し、操船技術を習得しています。 また、災害時にも備えます。
7月より早朝カヌー散歩をはじめました。 朝凪の静かな川面をミズスマシのようにスイスイと進むカヌーは気持ちが良いです。
霞のかかった小名木川をクローバー橋に向け早朝カヌー散歩の開始です。
クローバー橋、横十間川でスカイツリーをバックに記念撮影。
早朝カヌー散歩の参加者も徐々に増え賑やかになりました。
川の駅工事で、船着き場も新しく位置変えし元気に出発!
今朝は、旧中川を遡上し北十間川の合流地点まで。お天気も良く、人工の運河と違い自然がいっぱいの旧中川は自然観察ができ楽しいカヌー散歩でした。
回数を重ね二人の息もぴったりスピードアップで早朝散歩も快調です。これから出勤、仕事も快調にできるかな?

最近は、河岸を散歩している人や、釣りをしている人と会話する程余裕で目的地のクローバー橋へ!
早朝散歩も終わり、気持のよい一汗をかき着岸です。カヌーは乗り降りする時が一番落水する危険がありますが、難なくこなし、これから朝食・・・!
小名木川は現在大島の西地区が護岸工事中ですが、地盤沈下の影響で護岸を積み重ねて行った痕跡がつぶさに確認できます。
江戸時代から続く人口の運河、小名木川の歴史を感じ取りました。
現在も使われている小名木川に架かる貨物列車の鉄橋です。初代「特急こだま」も、この鉄橋を渡ってデビューしたと思うと、時の流れを感じます。
このように区内の内部河川には陸上では発見できない歴史遺産や川ならではの光景が多々あると思います。この内容を組み込んだ『内部河川カヌー散歩ツアー』を企画実施して行こうと思っています。
都心とは思えない、この自然豊かな旧中川や人工美の江戸時代より続く小名木川、このような環境に恵まれた川でカヌーを楽しめる我々は、この自然環境を守り、次世代にいかに繋げるかを課題として倶楽部活動を続けたいと思っております。
前のページへ戻る