稜線漫歩の会

東北の最高峰の山 燧ケ岳に行ってきました

 今年私たちの山の会では、尾瀬が最初の夏山となりました
今日の山行は、岩凌の急登、湿原歩き、花の群集、残雪、ガレ場そして360度の頂上での眺望と変化に富んだコースでした。

池塘です。急登の岩凌登りの後だったので、とてもすがすがしかった思いです。
木道歩きです。キンコウカや又、わたすげの群集もありました。
残雪がありました。とても暑かったので、雪を握り涼をとりながら慎重に登りました。
俎ぐら(2346m)から柴安ぐら(2356m)を仰いでいるところです。
頂上眼下から見た尾瀬沼です。
2時間半の長い長英新道の下り後分岐に出ました。
前のページへ戻る