稜線漫歩の会

戸倉三山(刈寄山、市道山、臼杵山)に挑戦

私たちの低山漫歩の会も一年が過ぎ、今年も夏山に向けて7時間のロングコースに臨みました
明け方まで降っていた雨も皆と合流する立川ではすっかりあがってました
今日は武蔵五日市駅を経て今熊神社登山口(ちょうど高尾山の北に位置)が出発点です
あいにく代採工事の為、入口が封鎖され我々は脇の林道から行くことにしました

途中から林道が切れ藪こぎ?に。滅多にない経験をしました
薔薇のとげに多少難をし、雨上がりの足元に気をつけ歩を進めました
1時間余りでどうにか地図にある正規のルートに合流 皆の顔に安堵がうかがわれました
地図、送電線、標識を確認し気持ち新たに入山峠に向かいました
入山峠です コンクリートの林道でトッキリ場を経て関場へのエスケープルートとして地図に紹介されていました
我々はすぐ上の登山口から市道山に向かいます
レンゲショウマが咲いていました
この時期他の花が咲いていなかったので印象に残ります
神社から3時間経過していたので刈寄山はカットです
ここからは2時間強のアップダウンで3つの小ピークを越えます
大岳山が望めました キューピーの顔のようと言われているとか?
画像ではわかりにくいですが結構急登です
市道山に到着です
今日初めての山 ハイタッチしました
帰りのバスの時間が押し迫っていたので笹平バス停へ下山することにしました
笹平からは急な下山道でした
バスの時間も意識しながら、慎重に下りてきました
そして沢に!バス停は近い!沢の音はいつも癒されます。
前のページへ戻る