亀戸九丁目町会

亀戸浅間神社茅の輪神事&笄塚除幕式と山開き斎行

6月30日(土)午後5時より亀戸浅間神社で夏越茅の輪くぐりを斎行いたしました。又、茅の輪くぐりにあわせて4時30分より笄塚の除幕式も行いました。茅の輪をくぐることにより、正月から6月までの半年間疫病や罪穢れが祓われるといわれています。くぐり方は「水無月の夏越しの祓いする人は千歳の命のぶと云ふなり」という古歌を唱えつつ、左まわり、右まわり、左まわりと、八の字を書くように三度くぐり抜けます。こうして、心身ともに清らかになって、あと半年間を新たな気持ちで迎えるのです。茅の輪起源については、善行をした蘇民将来(そみんしょうらい)が「すさのおのみこと」から「もし疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる」といわれ、そのとおりにしたところ、疫病から免れることができたという故事に基づきます。翌日7月1日にはお山開き例祭を斎行しました。

御田村宮司により茅の輪くぐりの神事。
山区長参拝。

古歌を唱えつつ茅の輪くぐり。
富士塚階段下に建立した、笄塚由緒碑の除幕式。
除幕してお披露め。
山開き。社殿にて例祭において巫女「浦安の舞」の披露。
富士塚にて霊峰富士山に向かって遙拝。
階段下より富士塚(笄塚)を見る。
7月7日(土)船で形代流しを行った。「形代流し」は夏越し祓いの一つで、人形(ひとかた)に切った紙に名前や年齢を書いて、体をこすりつけて罪・穢れ・災厄を移し、3回息を吹きかけ、これを身代わりとして、川や海に流して無病息災を願います。
夏越し大祓行事の形代流しの神事終了しました。
前のページへ戻る