稜線漫歩の会

5月28日、雷と大雨に見舞われた足利行道山でした

行道山浄因寺への登り口です。
低い山ですが臨済宗の古いお寺で関東の高野山と呼ばれ、栃木県の名勝第一号に指定されています。
杉の老木に囲まれた階段を登っていきます。木漏れ日のなかで山のにおいがしてきました。

 
   

階段を登り切ったところが山門です。
人なつっこい猫が迎えてくれました。
行道山で最も有名な寝釈迦像です。でも50センチほどのかわいい仏様でした。
剣ヶ峰の後に、大岩毘沙門天が出てきました。ここも日本三大毘沙門天として有名だそうです。
シャガの群生地です。高尾山でもこの花は咲いています。
ちょっと写真がうまくとれませんでした。
足利の市内が美しい姿を見せ始めました。このころから雷がゴロゴロ鳴り始めました。
奇岩あり、展望ありの山でしたが、大粒の雨に見舞われて、30分ほど屋根のあるところで雨宿りしました。
前のページへ戻る