稜線漫歩の会

奥武蔵の名峰 武甲山に行ってきました

5月26日 登山絶好日和に恵まれ楽しい山行が今日も出来ました
 良質の石灰岩の山であるがゆえ、大正の初め頃から北側斜面を大規模に削っていかれ痛々しい以前から気になる山でした
その反面、西武線の車窓から望む武甲山は肩幅が広く堂々としていて1304M奥武蔵の名峰と言われて過言ではないと思いました。

一の鳥居 此処まではタクシーで。他のパーテイも車やタクシーのようです ガイドにも石灰岩、積載のトラックが行きかうので注意とありました
きつい登りの途中名水?に、ホッと一息です
此処は18丁目52丁目に御嶽神社 その少し先が今日の山頂です
石標がありました 信仰の山です 登りは始まったばかり
杉林が気持ちいい 皆まだまだ元気?です。 が、口数が減ってきました 私はお腹も減ってきました お昼にし、そこからあと一息
小屋風の綺麗なトイレに思わずシャッター!山では少ないですね
御嶽神社に着きました 
武甲山頂到着です 眼下には秩父の街が広がっています。上旬頃迄は芝桜で、なおいっそう景色が華やいだ事でしょう
上州の山並みも見えています 午前中の早い時間はもっと視界がバッチリだったでしょう
ジグザグの尾根道を慎重に下ってきました やっと緩やかな杉林に。この後もどんどん下ります
橋立川の源流を渡ると、ちいさな滝が。沢や滝は目にも耳にも心地よいものですね
橋立神社 行きすぎてしまうほど小さな小さな神社でした
秩父札所28番橋立堂 左手は鍾乳洞入口です
駅近くの蕎麦屋では鍾乳洞へ行かれた人や登山してきた人で賑わっていました。天気も良かったし、良い山だったねと!そして次回の山行等話しながら休憩し、浦山口駅に向かいました
前のページへ戻る