多世代交流の里 砂町よっちゃん家

再開 ご近所ミニデイの様子

10月23日(土曜日)午前10時半
笑話の会企画運営の
「ご近所ミニデイ」が開催されました。参加希望者はご自身で会場へお越しできる方が原則です。詳しくは民生児童委員・お近くの長寿サポートセンターへお尋ねください。
ゲームをしたり、歌い、健康体操をしたり、昼食をして過ごします。
皆さんに伺いました、外出自粛で喋る事も声を出す事も出来ず寂しい思いをしていました、病気になりそうでした。久し振りの再会で皆さんに会えて本当に良かった。持ち寄ったお菓子を食べながら会話が尽きる事はありません「笑話の会」に感謝しています。


Yさん、息子さんの住んでいるマンションに別室ですがお一人住いです。ご近所ミニデイの再開で命を救われた思いです、と語るお話好きで明る性格の方です。
Kさん、体調を崩していましたが、お医者さんから「よっちゃん家」を勧められ、元気になりました。スマホも使います、物静かな方ですが何事にも前向きな方です。
Kさん、砂町に暮らして50年になります。
YさんKさんを誘い砂町銀座へ行きました。ご近所ミニデイでお二人と知り合う事が出来ました。ありがとうございます。
前のページへ戻る